うちは日本株の投資助言をしているわけですが、他の資産(為替、債券、不動産、暗号資産、その他)も当然見ています。株も含めた資産は、相互にその値動きに影響を与えていますので。

 

で、暗号資産。

時価総額でみますと、ビットコインは、世界の個別株と比べると世界第6位の規模となります。無視できない、ゆえに機関投資家がポートフォリオに組み入れたりファンドが作られたり、そして買われて時価総額が上がりもっと無視できない。ビットコインはそんな好循環で上がったところもありますよね。 

 

今夜はビットコインではなく、XYM(ジム)とXEM(ネム)という暗号資産に注目しています。暗号資産界では世界発の試みなのではないかという重大発表が、今まさにこの時間帯に進行中。いまのところ体制の変更(ハードフォークによる)が大きいもののようですが、ビットコインETFも手掛けるValkyrie社のサポートを受ける予定というのは、分かりやすくポジティブですね。

 

ハードフォークが成功するかどうかは未知数(体制の変更というのがクーデター的な側面アリ)の部分がありますので、間違いなく上がります!というものではないのかもしれませんが、今までの足かせが外れて、不死鳥のように大きく羽ばたく、といったイメージのようですので、上がれば大きい!といった感じです。。短期で何倍とか、超長期だと何十倍とか、そうした大きなリターンが得られる可能性がありそうです。(ですが、いきなり暴落する可能性もあるリスクの高い商品ですので、投資判断には十分お気をつけください。買い推奨ということではなく、あくまでも参考情報のご提供となります。)

 

 

 

 

 

 

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]