昨夜は、米ネットフリックス株が-35%と大きく値下がりし、著名ヘッジファンドがこの株で3か月で550億円の損失なんてニュースも伝えられましたが、ショックとしては軽くナズダック指数は-1.2%と健闘。ネットフリックスの個別要因ですし、元々買われ過ぎなのは分かっていた銘柄ですので、特段の驚きもなかったのですが、地合いが悪い日本中小型株はどうしてもお付き合いしてしまい、本日も下げてしまいました。東証マザーズ指数で-0.8%と、大きな下げではなかったのですが、日経やTOPIXは強く、中小型株もなんとなく今日は反発すると期待されていたところでしたので、数字以上のガッカリ感はありましたね。

現在日本株系の指数先物は、東証マザーズ指数先物も含め強含んでいます。今日は機関投資家売りもそれほど見えず、昨日に引き続きのコメントになってしまいますが、明日に期待です。。

 

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]