昨日こちらのコラムで、少し指数ロングを持ちたいとコメントしました。引け後のコメントでしたので、会員の方でも先物プレーが出来る人だけがポジションが取れた感じでしたが、皆様はいかがでしたでしょうか。タイミングも含めてここというときを待ってコメントするため、決まった時間にコメントが出来ないのですが、逆にコメントした時は、ベストではないにしてもベターなタイミングではあると思っています。コメントを見ましてすぐポジションが取れる方は、参考にして頂ければと思います。

昨日のコメントの時点では、その後の米株が上昇するという確信があったわけではありません。ただ、米FOMCといった大きなイベントを警戒し、市場全体がややショート気味、かつポジションが軽くなっているタイミングでは、悪材料が出てもそれほど反応せず、いい材料が出るとある程度過剰に上に反応することがあります。アップサイドとダウンサイドのリスクリターンを考えると、アップサイドにかけるのにいいタイミングだったいうことでの、ロング推奨でした。推奨時の日経平均先物はちょうど27,000円、今の値段が27,610円。超短期トレードとしてそれほど悪くないトレードでしたね。一旦はまだ28,000円が天井として意識されますので、ここで少し売って上を楽しみにしてもよし、全部売ってスッキリしてもよしという感じです。

 

 

 

 

 

 

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]