始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

 

[今回の内容] 

1) 配当再投資先物買い(3/29~3/30)|権利付き最終=3/29

2)TOPIX3月末リバランス(3/30)

3)TOPIX_7-9月決算銘柄FFW&調整係数見直し(4/28)|公表4/7

 

——————————————————————————— 

 

1) 配当再投資先物買い(3/29~3/30)|権利付き最終=3/29

2021年3月配当落ちの金額を試算してみると・・・

TOPIXで5500億円、日経平均で1500億円、JPX400が400億円、MSCIで3500億円・・・

その他、FTSE、ESG系などを積み上げると、合計で1.1兆円前後の先物オペレーションが発生すると思われる。

3月、9月の配当が大きいことから、半年に一回発生するイベントである。

先物プレーヤーでは有名なイベントで、日経平均と加重平均型の先物への買付金額が大きく異なるので、NTショートが有効である。

日経平均の1500億円に対して、加重平均型(≒TOPIX)は9000億円レベルと大きい。

やや早めに日経平均売り・TOPIX買いのポジションを取り、29日の引け手前でクローズ、あるいはNTロングに切り替えるなどが有効であろう。

19日の金融政策決定会合で、日銀がETF買い入れをTOPIX型のみに変更することを決定し、NTレシオは急落した。下落ペースが速すぎるため、一旦巻き戻しの動きが入るかもしれないのず、ポジション構築は柔軟に。既にNTショートをもっているむきは早めに少し利食いをしてもいいかもしれない。

 

2)TOPIX3月末リバランス(3/30)

中心は新規組み入れのファーマフーズとなるが、インパクトは大きくない。

この続き:371文字
ここから先は、コラム会員限定です
会員契約すると続きをお読みいただけます
\ 初回30日間無料 /
無料期間中に解約すれば会費はかかりません
ユーザー登録がお済みの方は、「ログイン」下さい。
まだの方は、「新規ユーザー登録」ください。
「ログイン」もしくは「新規ユーザー登録」ののち、会員契約頂けます。
「新規ユーザー登録」および「会員契約」の方法 》

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。