始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

進行中のインデックス・イベント(実際の想定株数などはお問い合わせ下さい)

 

■TOPIX FFW(10-12月決算銘柄)/基準日(リバランス日)7/30

早速、用語説明保存版!の用語を使って、プロ?っぽく話してみますね。

 

今回のTOPIX FFWリバランスは、ターンオーバーはTOPIXパッシブ全体で片側約1300億円、35.4bpとなっている。

公表日の7/5=100 としたリバランスSPは、足元では順方向の動きとなっいるが、方向性は縮小気味となっている。

リバランス日は7/30の引けとなるが、公表日以降、順方向を維持している事などから、

ある程度のプレポジションが積まれていると想像する。一方、実需の動きは鈍いような気配。

実需の引けGは、片側で600〜700億円と思われるが、プレポジションのアンワインドで押し返されると想定。

当該イベントに絡むポジションは、29日あるいは30日前場までに手仕舞いしたいところ。

 

■東証REIT指数FFW/基準日7/30

パッシブ運用全体(1.78兆円)で片側150億円、85bpとなっている。

REITは日々の売買代金が400〜500億円なので、それに比べると大きいとも言える。

2千銘柄を超えるTOPIXと比べ、簡単にポジションが取れる事もあり、プレポジションは入りやすい。

リバランスSPは大幅に順方向。かなりプレポジションが積まれていると思われ、リバランス日は逆噴射の可能性も。

当該イベントに絡むポジションは、早めの撤退が無難であろう。

 

■日経平均臨時/基準日7/31

(除外)6366千代建

TOPIX⇒想定需要▲1,300万株

NK225⇒想定需要▲2,700万株&不足分(価格差)のNK225型見合い売り約1500億円

合計=▲4,000万株、日次倍率×11

(新規採用)7832バンナム

NK225⇒想定需要△2,700万株、日次倍率×18

 


 

7/29からの動きが注目されるが、大型ETFのキャッシュポジションは高くないため、事前に大きく動くとすると、

入替えの価格差(5900円-350円=5550円)が大きい為、NK225型を切り売りする必要がある。

有料会員になると以下のコンテンツをご覧頂けます。

  • 考えられる定石は?
  • 想定される買い需要は●●万株

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間20,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
全てのライターのコラム会員記事を、新規ユーザー登録完了から24時間無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。