始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

 

ETF分配金オペレーション(主要ETFは7/8&7/10)/主要ETFで7千億円前後の売り(主に先物売り)

オペレーションは先物売りがメインとなる見込みです。

NK225とTOPIXでは売り金額で2倍以上離れており、この需給のみではNT拡大方向となりやすいと言えます。

これも、日銀ETF買入れの弊害ですね・・・

7/8  NK225▲1704億円、TOPIX▲1149億円、JPX400▲17億円/計▲2870億円

7/10 NK225▲536億円、TOPIX▲3567億円、JPX400▲28億円/計▲4131億円

(NK225計▲2239億円、TOPIX計▲4716億円、JPX計▲45億円/総合計▲7000億円

 

日経平均入替も視野に入ってきます。発表は、ソニーFHのTOB(7/13)成立後に公表される予定です。

つまり、それまでは発表が無いということになり、予想銘柄の買いで勝負したいところです。

一週間という割り切った投資スタンスで臨む場面でしょう。TOB成立前の手仕舞いが無難です。

日経平均臨時(7月)日経平均型1銘柄あたり(みなし50円)、3000万株としています。

採用候補銘柄(市場筋)

8697JPX(想定需要3000万株)

8410セブン銀行(3000万株)

8698マネックス(300万株)

8473SBI(30万株)

 

TOPIX7月FFWリバランス10-12月決算銘柄(7/30)

現在、公表されている銘柄の他にFFW変更が7/7に発表されます。

2020年予想

売り方向:7751キャノン(864万株)、2914JT(864)、5108BS(462)、3659ネクソン(563)、1605国際帝石(948)

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間20,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
全てのコラムのコラム会員記事を、新規ユーザー登録完了から24時間無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。