米株が反発し、日本株もやっと底打ち的な動きをしてくれました。

 

日経が27,800円を超した時には、このまま上抜けするぐらいの勢いを感じたのですが、結局引けにかけて失速するあたりは、まあまだ本調子ではないので仕方ないですね。連休前、そして何よりオリンピック前、です。ただ、今日はプラスで引けるのが大事でしたので、それが達成できたのは何よりでした。

 

中小型株買いは、リスクオフの売りは昨日までで終わり、今日はむしろ買い戻し、買い増しといった感じもありまして、今日は弊社推奨銘柄の多くも、インデックス以上の強さを見せてくれました。

 

来週どう日本株が開くかは、もちろんこの連休中の米株の動きによる部分は大きいです。ただやはり諸々の動きは行き過ぎだったようで、原油先物70ドル回復、米10年債は1.2%を軽く超えて1.3%に迫っている、ビットコインも3万ドルより上と、修正の修正が早いです。このままでしたら、いい雰囲気で来週を迎えられそうです。

 

7月30日にはこの決算発表シーズンの最初のピークを迎えます。今日引け後に業績を発表した日本電産はPTSで+2%ぐらいですし、今度こそ業績相場を迎えての日本株復活がなるかどうか、楽しみにしましょう。

 

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)