月末は安いというアノマリーが崩れ、日経平均が28,000円を回復したところあたりからロングのキープをお勧めしていましたが、それにしても29,000円突破が早かったですね。新型コロナ感染者数収束傾向のところに、菅首相続投せずということで、経済リオープン期待に、新しい首相と大型景気対策期待が加われば、この上げもそれはそうだなという感じでした。

8/20終値から2週間の上げが7.8%と、さすがにちょっと早すぎる感じで、少し調整を見たいところですが、注目の日本時間金曜日夜の米雇用統計が予想より大幅に悪く、米テーパリングが遠のいたとあっては、悪い材料が何もない感じになりました。米株指標はさすがにそうはいっても、景気悪化懸念もあってまちまちでしたが、日経平均先物は29,585円と、金曜日の現物指数の引けより1.5%ほど上がっています。株があまりにも早く上がってしまったということ、米雇用統計前で大きくポジションを傾けられなかったことで、ロングが足りない機関投資家のショートカバーのような感じで大きく上昇しました。

このまま30,000円の大台突破ということもあり得るのですが、さすがに大型株は少し利食いたいところです。弊社が得意とする中小型株は、大型株主導のマーケットについていけてないものもあるのですが、これは落ち着いてキャッチアップを待つところですね。経済リオープンや景気敏感のものが多いですので、じっくり楽しみに待ちたいところです。

 

基本マーケットは上方向だと思ってますが、ひねくれたベットしては、ボラティリティがもう少し下がってくれるようであれば、久しぶりにメジャーSQ週水曜日の大幅安アノマリーにかけて、火曜日の引け近辺で軽くプットを買っておくのも一案で。

 

ロングをキープしながら、金曜日のSQをみて、今後の大きな方向性を決めたいと思っています。  

 

無料メールマガジン

\イチオシ銘柄即配信!/
プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]