米大統領選の投票日から1週間と経たずに出てきた、米ファイザー社による新型コロナワクチン開発の大きな進展のニュース。米大統領選の投票が終わるまで待ってなのかなと勘繰ってしまうようなタイミングですが、ともかくいいニュースでした。

 

日経平均は11/9に24,839.84円で引けた後、ニュースを受けてNY時間で先物が26,000円近辺(25,895円)まで買われた後、以前から既にバイデン新大統領期待で大きく買われていたこともあって、11/10の引けは24,905.59円とほぼ変わらずとなりましたね。

 

バイデン新大統領が行うであろう政策は独占的米IT企業に逆風であろうということ、実体経済はそれほど悪くないであろうという経済指標の発表と財政政策期待で上昇基調にあった米長期金利が、ワクチン開発進展のニュースでさらに上昇していること、その2点からしばらくは米国発の、グロース株に対してバリュー株の方が優位の流れが続き、日本もその影響を免れそうにありません。

 

金利が上がっているとはいえども、政府によってばらまかれた資金による流動性はまだ金融市場に残っていますし、あるいはワクチンができたとしても日本におけるDX化の流れは止まらないであろうという読みもありますので、この時点で中小型株(のグロース株)を全部アンワインドする必要はないと思いますが、ある程度ポジションを整理する必要はあるかもしれません。では、それでできた余裕資金はどこへもっていくべきか。

 

弊社は中小型株のリサーチに強みを持つ会社でして、普段はあまり大型株(のバリュー株)の推奨をしていませんが、業界動向分析や同業他社分析のために、常に多くの銘柄のモニターをしております。その中からピックアップした、今買うべき銘柄をいくつかご紹介したいと思います。あくまでも大型株を買いたい方への参考銘柄という事でお出ししますので、細かな説明や目標株価は割愛させて頂きますのでご容赦ください。

この続き:82文字
ここから先は、リサーチのコラム(ライト)会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「リサーチのコラム(ライト)会員契約(30日間12,000円(税込13,200円))」が必要です

※この記事は、リサーチのコラム(DX)会員契約(30日間48,000円(税込52,800円))でも読むことができます。

イチオシ銘柄即提供!

プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム(ライト)

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。 個別銘柄の推奨数:原則として30日間に1銘柄