昨夜のFOMCは、具体的なアクションは今は取らないが、金融緩和の方向性をやや強めに出しつつ、将来の利上げの可能性もきちんと残すという、どっちつかずというか、いいとこどりというか、絶妙な形が出てきたようでしたね。米金利は上がっていいんだか下がっていいんだか分からないという動きをしていましたが、米ナズダック指数は上がったのでまあ株式市場には良かったかな、と。ただ経済対策協議が合意に近づいてるという観測が広がったにしては、ずいぶん全般的に小幅な上げにとどまりました。

 

さて日本株。手詰まり感のなか上昇。

東証マザーズ指数+2.4%(1185.22)は少し驚きました。主力銘柄が強く、IPO新規上場3銘柄は値つかずと、雰囲気は良かったのですが、プラスの数字の大きさの割には強さを感じきらなかったというか、銘柄ごとのバラツキが大きくて、上がった感がそれほどなかった印象もありました。全員参加型には程遠く。

EV関連銘柄などもさすがに息切れ気味でしたが、代わりに暗号資産関連銘柄が上昇。日替わりで個別で勝負しかない昨今です。もしくはビットコイン買うしかないかw。

 

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)