いまだ米ジョージア州上院議員選挙の結果わからずということで、マーケットは小動きとなりました。

 

昨夜の米株、特に米ナズダック指数が強かったという事もあってか、東証マザース指数は一時2%越えまで買われました、しかし、引けにかえて売られて結局+0.3%。米長期金利がじわじわと上がってとうとう1%を突破し、米ナズダック指数先物も売れれたのと歩調を合わせて、弱くなってしまいました。一方で銀行や保険などの金利敏感やその他景気敏感株が買われるという、典型的なグロース売り、バリュー買いの一日となりましたね。

今夜ある程度の選挙結果が見えてきて、それに対する米株のリアクションが出るのであれば、明日はとりあえずそれに素直にそってトレードするしかなさそうです。今現在東証マザース指数先物は少し弱含んでいます。

 

イチオシ銘柄即提供!

プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

リサーチのコラム(ライト)

中小型株を中心に、主に会社訪問など独自の取材で得られた、精度の高い情報を厳選してお知らせするコラムです。情報誌などにありがちな、とにかく多くの銘柄を書いておけば何かは当たるだろうというスタンスではなく、値千金の情報が得られた時だけアップデート致しますので、毎日ご提供というわけにはいかないのはご容赦ください。ファンダメンタル情報の鮮度には絶対の自信を持っておりますが、マーケット全体の動向や個別の需給による実際の売り買いのタイミングについてはご自分で判断頂きますので、株式投資中級者以上の方々向けの内容となりますのでご注意下さい。 個別銘柄の推奨数:原則として30日間に1銘柄