日経平均について、先週木曜日の後場急落は外人の先物売り、そして先週金曜日も弱かったのは国内公的の売りという事のようです。29000円というレベルが何か重要なレベルということでもないのでしょうが、年末からというか11月頭からの急ピッチな上げの後、少し売りが出てきて下がると疑心暗鬼な売りが追従するという事でしょうか。

 

本日は、先週末の米株安(銀行決算や12月の小売売上高の失望、経済対策の議会承認が困難な見通し)のあと、東京では収まらぬ新型コロナ感染者数に加え、東京オリンピック中止か?というニュースもあり、日経やTOPIXは引き続き弱含みました。ただ、悪材料がそこそこあった割には1%以内の下げにとどまっており、今晩のNY市場が休みとあって閑散に売りなしといった風情も漂っておりました。米長期金利が落ち着いたことによりグロース株優位となって、東証マザース指数が+1.6%となったのは印象的でしたね。

 

20日のバイデン次期大統領の就任式を巡る混乱への懸念がくすぶっていることもあり、引き続き様子見姿勢でいようと思います。

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)