最近、推奨銘柄の買い方についてご質問を受けることが増えて来ましたので記事にしておきます。もちろん、推奨銘柄以外の、ご自身で選別した銘柄へ投資される場合も使える方法です。

 

基本的には、推奨後の1日で投資金額の50%から70%をご購入頂き、残りは株価の動きの様子をみながらナンピン買い追撃買いをすることをおすすめしています。

ナンピン買いはよく聞きますね。例えば、購入株価から10%下げたところで、株を買い増すことをいいます。推奨銘柄に「ダウンサイドリスク15%」など明示している場合は、-10%、-15%でナンピン買いするという戦術も有効だと思います。メリットとしては、平均取得単価を下げることができます。

ところが、ナンピン買いをしようと待ち構えていたところ、全く下がらずに上昇してしまうことがあります。その場合に、例えばテクニカル上のブレイクアップポイントなどで株を買い増すことを追撃買いと言います。中々、投資初心者は怖くて出来ないのですが、投資中上級者になるとできるようになっていきます。初心者の方は無理して追撃買いをする必要は無いでしょう。

 

ただ、投資中上級者であっても往々にして、ナンピン買い・追撃買いのタイミングを計るのが難しいケースがあります。その場合は無理して買い増さず、投資金額の50%~70%だけ保有し続けるという判断も良いと思います。投資の機会は、今後もずっとありますので。

 

なお、ナンピン買いや追撃買いのタイミングにつきましては、弊社から推奨させて頂くケースがあります。買うタイミングをずらすことでリスクを分散させながら、プラスアルファのリターンも狙うためのトレーディング手法として、参考にして頂ければと思います。

 

以上、簡単なコラムですが、どうぞご参考にしてください。

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。