8月24日に推奨したマクビープラネット(7095)が、推奨時から65%上昇。

【新規推奨】マーケティングコンサルティング関連銘柄

 

(株)Macbee Planet【7095】の株価チャート

 

実は9月15日に、LINE公式で「銘柄教えますキャンペーン」をしたのですが、その銘柄がマクビープラネット(7095)でした。会員推奨時から20%以上上げた時点でした。

【コラム推奨銘柄公開】マーケティングコンサルティング関連銘柄

9月15日夜にお送りした文章

マクビープラネット(7095) 現値9,070円

 

昨日引け後に今期(22年4月期)の業績予想の上方修正が発表され、本日ストップ高。リサーチのコラムの目標株価(9,000円)を達成しました。

https://market.kiwameinvestment.com/column/w5/11877/

リサーチによりますと、上方修正幅は大きなものではありませんでしたが、第1四半期の進捗が良く、いいとは思ってましたがここまでいいのだというところが、サプライズだったようです。

 

リサーチのコラムでは、元々業績がいいのは分かっていて、強気の数字(EPS)から目標株価を作っているので、会社取材をして詳細が分かるまでは目標株価は変更しないとのこと。

しかし営業マンとしましては、最近のマーケット全体や、上方修正銘柄に対する強いモメンタムからして、バリュエーションの切り上がりや勢いに乗った形からの株価上昇が、ここからまだあるのではないかと思っています。

 

一旦利食いが入って弱含む局面もあるかもしれませんが、10,800円辺りまでの上昇を考えています。

 

上手く私の読みが当たったかと思います。

 

キャンペーンでは、結構な人数にお教えしたのですが、まだホールドされている方はいますか?

私の予想では、

  • 大半の方は弊社の実力を確認する為に、買わずに様子見
  • その後の下げで動揺し、損切り

なんですけども。

(株)Macbee Planet【7095】の株価チャート

今もホールドしている、もしくは10,800円で売ったという方は、弊社の実力を深く理解頂いている現会員様だけではないのかな?と思っています。

どちらにせよ今もホールドされている方への助言としては、最近は勢いで実力以上に上がるものもあるのでこのまま上がるかもしれないが、流石に行き過ぎ感があるので、利食い多めでお願いします。

 

まだ弊社のことを理解しきれていない方へ向けて、改めて投資へ向き合う姿勢を書いておきたいと思います。弊社は良くも悪くも「投資にマジメ」です。

ウェルスパスは、 wealth(富)とpath(道)を組み合わせた造語で、きわめ投資株式会社の理念である「投資道を究め、極める」に通じることから決定しました。また、お客様が富を築く道しるべになりたいという思いもあります。

私どもも、投資道を極めるという意味では道半ば。誠実に投資助言サービスをお客様に提供させて頂き、そしてお客様からもまた学ばせて頂くことで、共に投資道を極める同志となれればと願っております。

社長挨拶より:https://market.kiwameinvestment.com/company/greeting/

 

弊社のミッション

・投資リテラシーの向上
・株式投資による資産運用のサポート

引用:https://market.kiwameinvestment.com/company/mission/

 

このように、お客様には心から儲けてもらいたいと思っていますし、機関投資家すら欲しいと思う高品質の情報をリーズナブルな価格でご提供しているという自負があります。

 

ぜひ、「キャンペーン銘柄を得るだけで満足されている方」や、「弊社の実力をまだまだ確認しないと信用できないという方」にも、弊社の推奨銘柄を黙って推奨時から仕掛けてもらいたいです。

キャンペーン銘柄として出す時点で会員推奨時から20%以上上がっている銘柄であり、いわば出がらしですから。「頭と尻尾はくれてやれ」という格言がありますが、美味しいところだけ食べてもらいたい。

一緒に投資道をきわめる同志になれればと願っています。

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。