こちらの住宅設備機器関連銘柄が推奨時から20%以上上昇しました。

【新規推奨】住宅設備機器関連銘柄

買われていた会員の方は、おめでとうございます!

目標株価までもう少しです!楽しみにお持ちください。

 

ところで、昨日、目標株価を達成したDXソリューション関連銘柄について、会員様より

推奨時から、3ヶ月で20%上昇。その後、地合の悪化で徐々に買い値近辺まで下落。この状況で、持ち続けられる人は少ないのでは?

とご指摘をいただきました。

・DXソリューション関連銘柄のチャート

 

良いご指摘をありがとうございます。このチャートを見ると、他にもそう思う方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

確かに、上昇トレンドを割ったところは、売りという判断も正解かもしれません。
また、その後、下降トレンドをブレイクできないので、どこかで手仕舞いという判断も正解かもしれません。

ただ、弊社は、推奨銘柄について、「ファンダメンタルズ分析が主、テクニカル分析(チャート)が従」というスタンスを持っております。
つまり、「思惑や需給で業績と外れたトレンドが形成されるかもしれないが、最終的に業績に基づいた株価へ回帰する」という考え方です。実際、決算発表により急騰し、弊社がターゲットとした目標株価をつけました。
なぜ弊社が、「ファンダメンタルズ分析が主、テクニカル分析(チャート)が従」というスタンスをとっているかと言うと、利益の取りっぱぐれが生じるからです。これについては、「あなたの利確ルールは何ですか?」の記事に詳しく書いておりますので、ぜひお読みください。

 

しかし、「全部が全部、目標株価を達成できないですよね?」と思われる方もいらっしゃると思います。その通りです。

 

そこで弊社では、

  • 利益の取りっぱぐれを防ぐ
  • 損失を最小限に防ぐ
  • 投資初心者でも機械的に売買すれば利益を取れる

を目的として、コラム会員様へは「ロスカットルール」での投資行動を推奨しています。バックテストを繰り返し検証し策定しました。詳しくは、ユーザーマニュアルの「ロスカットルール適用での投資行動」をご覧ください。

要約すると以下の通りです。

<ロスカットルール適用での投資行動>

※一つの銘柄あたり、運用資産の20分の1(リサーチのコラム(ライト)会員様の場合、5分の1)を超えない最大の単位を買う。左記を超える銘柄は、売買せずに見送る

※目標株価になったら全て手じまう

※仕掛けから6か月経過したら全て手じまう

※推奨時より終値で20%以上下落した銘柄は、次の日の寄り付きで全て手じまう。

このルールで機械的に売買した場合のパフォーマンスは以下の通りです。(2022年6月末現在)

年利にすると28%になります。

 

もちろん、ご自身の相場観に自信をお持ちの場合は、ご自由に弊社の推奨銘柄を料理いただければと思いますが、投資初心者や、本業が忙しく投資に割く時間がないという方は、ロスカットルールを活用し、機械的に売買いただければと思います。

ただルールに従って売買するだけで、年利28%

配当や不動産投資で年利6%でも高利回りと言われる中、年利28%ではご不満ですか?

理論上の話ですが、この年利28%を維持した場合、10年後の資産は、約12倍になります(複利計算の場合)。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1248923562 を使って計算

 

もし、十分だと思われる方は、ぜひ、弊社の会員へのご入会を検討ください。

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。