新型コロナ(オミクロン株)への懸念が高まり、先週末の米株の指数は軒並み2%以上下落しました。まあでも今のところ暴落ではありませんよね。取引時間短縮で流動性が少なかったので、動きが大きくなりがちだったということもありました。米ダウ平均は動きがイレギュラーなのでおいといて、S&P500指数とナスダック指数で考えますと、先月末でラリーが終わりそうな雰囲気だったところ、テーパリング開始だが金利をすぐ上げるわけではない、という絶妙のFRBの姿勢を好感してのボーナス的な株価上昇があったところを、ちょうど下げて帳消しにしただけという感じ。ここまでなら、特に問題なし。

一方で日本株。指数は金曜日に既に2%以上下げていたのに、アメリカ時間で指数先物は更に3%ほど下がっています。米株の上げにはついていかず、下げだけについていきがちな日本株なんで、これもまあ想定内と言えば想定内。

 

で、明日下げたところをどうするか。もちろんオミクロン株がどれほど脅威になるのかが分からないうちは、動きようもなかなかないので、今日のところは一応レベル感も考えた上での一般論。

指数ですと、

8月に27,000円まで下がったので少しそれを意識しつつ、でもなんとなく27,500円ではサポートされてたからそこまで下がったら買おうかな、という機関投資家は現時点ではまだ多いはずです。日経平均の12か月先予想EPSが2,120円ぐらいでして、そのPER13倍が27,560円ですから、ファンダメンタルズでも買いで入る説明はしやすいところです。ですがしかしそのレベルを狙っていると、それより手前の28,000円ぐらいまでしか下がらないとういこともよくあります。ちょうど先週の日経平均先物が引けたレベルが28,000円ぐらい。指数としてはそこら辺から27,500円までは少しずつ買ってみたい。

個別株ですと、少し複雑で、

この続き:393文字
ここから先は、ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員契約(30日間3,000円(税込3,300円))」が必要です
ご契約いただくには、「新規ユーザー登録」と「ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員契約(30日間3,000円(税込3,300円))」が必要です

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]