昨夜(火曜日の夜)の米株が下がって引けていましたし、米10年債も利回り1.8%台真ん中ぐらいでの取引で下がってこないという展開だったため、本日(水曜日)も日本株はポジションを減らすモードでの対処となりました。機関投資家によるリスクを減らすための売りも散見されました。

ただここまでの大きな下げは少し驚きでした。日本株の悪い癖というか、昨日(火曜日)の日中に出た米株の悪材料で下げ、それでオーバーナイトで実際に米株が下がったのを見て、もう一回今日(水曜日)に下げるという、同じ材料で2回下がってしまうといったような、時々見かける動きでした。

そうした動きで少し下げ過ぎであったこと、それから日経平均の27,500円割れは昨年来何度も切り返していること、この2点から考えて、明日は少し戻しそうです。(あくまで米株次第ですが。)

ですがまだ新規買い!を根性入れていける局面ではないです。明日は焦って売らなくていいな程度ですね。ここから大きく下がってもまだ買える余力がある人は、少しだけ買い。

 

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]