昨日の米4月PPIは、前日のCPIとは違って少しインフレピークアウトの傾向がやっと見て取れまして、そして何よりパウエル議長の見解(5、6月のFOMCでは0.75ポイントではなく0.5ポイント利上げの公算が高い)が伝えられたことから、昨夜の米株市場は落ち着きを取り戻しました。

USDTコインも1ドルペックに回帰し、そしてマイナーとはいえSQが明けたこともあって、日本株は下げ過ぎていたぶんの鬱憤を晴らすかのように本日は大幅高となりました。東証マザーズ指数も、昨日の下げ幅を埋められなかったのは残念でしたが、+4.5%の648.65ポイント引けと、節目の650ポイント近辺まで戻ってこれたのは良かったです。

大幅に下げるかもと思っていた大赤字のソフトバンクグループは+12.2%と日経平均を引っ張り、これも今日のセンチメントを良くしていましたね。

今日は決算発表のピーク日でした。想定通り今年度の見込みには慎重なものも目立ちましたが、それで少し売られたとしても織り込んでくれれば、その後は業績相場となって上昇していく展開を想定しています。ウクライナ情勢はあまりいい話が出てくる見込みはなさそうですが、中国のロックダウンの終了が見えてくれば、上昇相場はより力強いものになりそうですね。

 

 

 

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]