昨日下がった日経平均は26,500円近くまで戻ってきて、相変わらずここら辺をウロウロしてるだけ。特に変わったことはなし。

TOPIXグロース指数は、少しだけTOPIXバリュー指数をアウトパフォームしましたが、東証マザーズ指数は反落。原油先物100ドル&米10年債利回り3%までは戻れませんでしたが、こちらもさすがに逆回転をやり過ぎた後の逆回転という戻しの動き。ファンドの解約売りも、超ハイバリュエーション株への機械的買いも、本日は一服となり、少しだけ先月までの相場つきに戻ったようでした。それでも全戻しという訳にはいかず、トレンドの方向性が出たわけではありません。判断はまだ待ちです。

個別プレーは難しいですが、マーケットとしてはとりあえず明日は、1兆円とも言われるETFの分配金捻出のための売りが出る日。もちろん全額が明日出るわけではないでしょうが、相当な金額の売りにはなりそうです。事前に大きな話題になっており、先回り売りの買い戻しでそれほど下がらないかもしれませんが、下がったらちょっと買ってリバウンドで売るぐらいのプレーは出来そうです。小技勝負でこつこつ稼ぐしかないマーケットですね。。。

 

 

 

 

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]