グローバルに株式市場の基調は弱いというのは変わっていません。ですが昨日の米株の下げは軽いポンドショックだったということなのか、日本時間では落ち着きを取り戻した感じで、米株指数先物は強い動きとなり、日本株も全般的には昨日の下げを戻す展開となりました。とはいえ上昇幅は全く物足りず、日中の動きからも強さよりは弱さを感じるところが大きかったです。今晩の米株市場が気になるところですが、3.5%を超えて上げ止まらず、4%近くまで来てしまった米10年債の動きがキーと見ており、4%を突破せずに止まってくれれば、株も少しは戻り相場に入れるのではないかと思っています。

 

日本株市場は明日から月末にかけ、配当再投資の買い、日経平均銘柄入れ替え、月末(年度中間期末)といった大きな需給が発生します。色々考慮しますと、海外市場の影響を除いた日計り的な動きとしては、28日は強く、29日は持つのであればお昼ぐらいまでは強く、30日の引けにかけて弱含む、そんな感じの動きを想定しています。

 

FPパートナー(7388)が本日-6.4%と大きく下げました。

 

コラム会員にご契約いただくと、以下の有料コンテンツをご覧いただけます。

・FPパートナーのここからの取引手法について

 

この続き:412文字
ここから先は、ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員契約(30日間3,000円(税込3,300円))」が必要です
ご契約いただくには、「新規ユーザー登録」と「ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員契約(30日間3,000円(税込3,300円))」が必要です

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]