昨日、上下どちらでも動けば大きいとコメントしましたが、上に大きく動く結果となりました。昨夜発表の米10月CPIは待望の弱い数字(それでも絶対値は強いですが、)が出まして、手控えられていた買いが一気に市場に流入した感じですね。

 

ただ個別株を見ますと、非常にバラバラな感じも見受けられました。上がってるにしても、指数が+3%なわけですからそれ以上上がってもらわないといけないのですが、どうも指数の上げに負けているものも多かったです。相対的に時価総額の大きなもの、ずっと売られてきたグロース株、などが大きく上がっていて、とりあえず指数を買った、ショートをカバーした、そんな感じでした。弊社リサーチのコラム銘柄にも弱いものが散見され、ちょっと悲しかったです。。。ですが、そうした銘柄は翌日やその後に指数に追い付いてくるものです。来週に期待しましょう。

 

米CPIの発表の後の翌日のマーケットは、逆に大きく動いたりするのも最近のアルアルです。今晩そんな感じで大きく下がらなければ、日本株も素直に買い足す局面ですが、果たして。

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]