昨夜の米11月CPIは+7.1%(前年比)と、高いは高いですが予想の+7.3%よりも低く、米株はこれを好感して、大きく上昇して始まりました。しかし、終わってみるとS&P500指数で+0.7%、ナスダック指数で+1.0%と、上げはしましたが上げ幅の多くを失っての引けとなりました。まあ本番は今晩(日本時間明日朝4時)発表のFOMC政策金利と、その後のパウエル議長のコメントなのだということでしょう。本日の日本株は小幅高となりました。

 

今回の政策金利の上げ幅は+0.5ポイントの予想が80%となり、まあそうなるのでしょうという感じですが、重要なのはドットチャートとパウエル議長のコメントです。おそらく、金利の上げ幅(ペース)はゆっくりとなるが、インフレはまだ継続しており、政策金利の到達点(ターミナルレート)はマーケットの想定よりも高いものとなる、ということを想定しています。

 

そうであれば、ポジティブとネガティブの混在となりますので、米株の反応が非常に読みづらいです。今晩の米株の動きだけでは判断しづらく、さらに1~2日の動きを見てからトレンドを判断せねばと思っています。折しも今週金曜日は米株指数先物・オプションのSQでもありますので、SQで需給もスッキリした後の米株の動きを見てからということになりそうです。そうしますと、日本株で本腰入れたプレーは来週月曜日からとなりますが、来週から海外投資家はクリスマス休暇を取り始めますので、ボラティリティが大きくなりそうな中、気をつけながら年末までのプレーということになりますね。

 

 

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]