始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明 / インデックス・イベント手引書

 

[今回の内容] 

1)インデックス・イベント〜手引書(保存版)

2)付録・・・東証市場区分再編、GPIF運用状況

3)Index Eventスケジュール・総括

4)7月の主なイベント・・・TOPIXリバランス、REIT定期リバランス

5)8月以降の主なイベント・・・JPX400定期、月末TOPIXリバランス、MSCIリバランス(予想追加)

 


1) インデックス・イベント〜手引書(保存版)

①予想段階で確度が高い場合は、ポジションをとる。(プレ・ポジションのプレ・ポジション=プレ2・ポジション)

②リバランス発表段階では、上記プレ2・ポジションの調整と、公表後のポジション構築(プレ・ポジション)

③手仕舞いはパフォーマンス次第であるが、数日前からポジションを手仕舞う。基準日の引けに全てを持ち越さない。

④場合によっては、手仕舞いに加えてリバース・ポジションをとる。

⑤個別銘柄のイベント:公表後の初日・初値買いは避ける。(値段が飛ばない場合はエントリー可)

⑥POイベント:希薄化対応、PO参加・つなぎ売り、指数組み入れ対応

⑦ETF分配金オペ:落ちで配当再投資先物買い、配当金は現金として留保、分配金を出すときに先物を手仕舞い現金払い。

⑧GPIF(公的)はパッシブメインでESG比率を引き上げる方向、REIT開始、アクティブは小型に重点

⑨織り込み済みは逆方向

⑩公的のベンチマークはフォローすべき


 

2)付録

 ■東証の市場区分再編

東京証券取引所は、2022年4月に東証1部やマザーズなど既存の4市場を廃止し、新たに「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場体制へ移行。

21年

6月30日

移行基準日

 

7月中

東証より新市場区分の判定通知

 

9~12月

上場企業が新市場区分を選択し申請

22年

1月

上場企業が新たに所属する市場区分を公表

 

4月4日

一斉移行日

■GPIFの運用状況

アクティブ運用(左2019年度末32,058億円・右2020年度末32,885億円)

パッシブ運用(左2019年度末323,359億円・右2020年度末439,078億円)

 

3)Index Eventスケジュール・総括

進行中のTOPIX7月FFWリバランスであるが、足元、パフォーマンスが優れない。

インパクトが大きくないことが背景であるが、こういう時は、順方向で着地しやすい。短期売買では順方向にベットすべきであろう。

一方、REIT FFWリバランスは、2%ほどプラスとなっており、手仕舞いのタイミングを考えていきたい。

今週で上記イベントは通過となり、次は、来月のJPX400定期リバランス、MSCIが注目される。

 (主なスケジュール)

 

47月のイベント

  • TOPIX_10-12月決算銘柄FFWリバランス(7/29)

リバランスの全体は、売り2600億円/買い2000億円の売り越しリバランス。

実際のトレーディングでは、売り越し分は、先物買いの利用も多いであろう。特に中規模までのパッシブ運用では先物が中心となろう。

公表後に大きく順方向に動いたが、その後、調子となり足元+3bpとほぼフラットな状態となっている。

実需に関しては、連休明けの月曜から動き始めるであろう。

(リバランス上位銘柄)

 

  • REIT FFW定期リバランス(7/29)

リバランス全体はターンオーバー片側250億円。リート市場の売買代金は日々600億円レベルなので、影響は無視できない。

発表後初日、終日順方向+100bp、足元+200bpまで拡大している。こちらは、アンワインドのタイミングが早めに意識される可能性が高い。

(リバランス上位銘柄)

 

58月以降の主なイベント

  • TOPIX月末リバランス(8/30)|公表8/6

今のところ大きな影響は想定されていない。

 

  • JPX400_定期リバランス(8/30)|公表8/6

2021年8月の定期入替では40銘柄強の追加・削除が予想されている。焦点は、東芝が採用されるかどうか・・・

入替の結果は2021年8月6日引け後に発表され、8月30日引けで入替が実施される予定。

尚、先日公表されたGPIFのベンチマークではJPX400は解約(1.5兆円前後)されており、

足元のETF含む投信と、準公的その他で残っている分を積み上げて、想定運用規模は、2.5兆円と大幅に減額。

 

  • MSCI_QIR(8/31)|公表8/12

四半期リバランス、通常では大きいリバランスとはならない。

尚、MSCIではQIRをSIR化する予定とのこと。SIRになるとターンオーバーが大きくなるので、インデックス・イベントとしては歓迎である。

除外・採用なし、FIF変更・株数変更のみの予想

予)FIF売り方向/9984SBG1300万株・970億円、4568第一三共900万株・200億円、8750第一生命400万株・80億円

 

  • 先物ロール(9/3~9/7 |SQ9/10)
  • FTSE_定期(9/17)|公表8/20
  • TOPIX_9月RB(9/29)|公表9/7

 

  • 日経平均_定期RB(9/30)|公表9/3-9/7(実施されない場合もある)

日経平均ルール変更は、ほぼ原案通り決定され、株価換算係数の導入で値嵩株が採用されやすくなる。

結果、任天堂のほか、オリエンタルランド、ZOZO、キーエンスに採用の可能性が出てきた。

メインシナリオとしては1増1減、具体的には任天堂の採用とスカパーJSATの削除

サブシナリオとして、ZOZO(3092)またはキーエンス(6861)およびOLC(4661)の採用と、日清紡(3105)と洋罐(5901)の削除。

 

 

無料メールマガジン

\イチオシ銘柄即配信!/
プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。