先週土曜日(3/6)の日経新聞朝刊のスクランブル欄に、弊社のマーケットコメントと参考銘柄2つ(エノモト(6928)、ベルテクス(5290))が掲載されました。

 

その2銘柄、本日はこの弱いマーケットのなか、エノモト+7.4%、ベルテクス+6.0%と大きく上がっておりました。弊社としてはもっとアップサイドがあるとみている銘柄なので、上がるのは不思議ではないですが、今日大きく上がったというのは、さすが大新聞さんの影響力といったところでしょうか。

 

さてこの2銘柄ですが、ハイタッチ助言の会員様に推奨していた銘柄でした。

弊社は会員様にお支払い頂く会費の高低で、推奨する銘柄を分けるということは致しておりません。例えば確度が高い、上昇率が大きい、そういったものは高額会員様限定で推奨するというようなことは、していないという意味です。(推奨銘柄数は違います。)そうしたところは、他の投資顧問様とは大きく違う点であるかもしれません。

ハイタッチ助言の会員様に対しては、その高い会費分のサービスといたしまして、

  • 弊社推奨の全ての銘柄をお教えするという事
  • その中で個々人の求めるリスクリターンに合わせたポートフォリオを組むという事
  • そしてポートフォリオ内の銘柄について適宜リバランス(売り買い)を行う事

そういったサービスを提供致しております。また、弊社の人間との会話の中で、自然と会員様の金融リテラシーが上がってくるという事につきましても、非常にいい評価を頂いております。こちらのサービスにご興味がある方は、お問い合わせページからお知らせ頂ければと思います。

 

お客さまの中には、今回の2銘柄について「なぜコラム会員向けに推奨をしなかったのか?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。それは、これらが、ずっと高値圏で取引されている銘柄群でしたので、その売買の指示を細かくしないと大きく損失を出してしまう可能性があるという判断がありまして、ハイタッチ助言の会員様への推奨とさせて頂きました。

 

実はこの2銘柄の他にも、参考銘柄として日経新聞様にお話しさせて頂いた銘柄がいくつかありまして、それらは全てここ最近でコラム会員様に推奨してきた銘柄でした。今回のコラム内容(割安株シフト)と照らし合わせ、この2銘柄が選ばれたようです。ですのでまた次回こういったチャンスがあるときには、コラム会員様への推奨銘柄が選ばれて、大きく上昇するようなことがあるかもしれません。前述の通り、弊社では会員種別によって推奨銘柄を分けるという事はしておりませんので、その可能性は十分あると思います。

 

引き続きコラム会員様にもよりよい銘柄、サービスをご提供できるよう頑張ってまります。まだご契約頂いていない方は、会員契約をご検討下さいますよう、どうぞよろしくお願い致します。

 

【お知らせ】弊社代表・渡邉泰良のコメントが日経新聞に掲載されました

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーのコラム

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。エントリープランという位置づけです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.中小型株の中で、ある程度値動きが安定的で中長期的に大きなパフォーマンスを狙う株と、下値不安が少なそうでしかし何か材料が出てくればアップサイドが大きい株を中心にお伝えします。 3.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。]

最新記事 by ポートフォリオマネージャーのコラム (全て見る)