先日の日経新聞の記事で、日経平均株価の算出や銘柄選定のルールが変わるということが取り上げられました。

〇日経平均、ルール改定案 意見募集し決定へ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB236N50T20C22A5000000/

具体的には、

・構成銘柄のウエートに上限を設ける「ウエートキャップ」を導入
・定期見直しを年 1 回から年 2 回に変更
・市場流動性の測定を行う指標を「売買代金当たりの価格変動率」に変更

というものです。

この案が採用されると、低位株が除外されやすく、値嵩が採用されやすくなります。

また、足元の日経平均での運用規模を30,000ユニット(約23兆円)と想定しますと、入れ替え候補各銘柄につき300万株、銘柄によっては3,000万株の売買需要が発生します。

非常に大きな株数となりますので、リバランス投資を行っている方には大きく稼ぐチャンスとなります。

入れ替え候補銘柄、各銘柄の売買金額につきましては、こちらの記事に詳しく書いておりますので、是非ご覧ください。
※非会員の方も、新規会員契約をして頂ければ、30日間無料で記事をお読み頂けますので、この機会に是非契約をご検討下さい。
https://market.kiwameinvestment.com/column/mm/14545/

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。