先週もお疲れ様でした。日経平均もマザーズも、前半は良かったけども後半がピリッとしない展開でしたね。

皆さまはどうでしたか?儲かりましたか?

 

さて本日は、投資助言サービスの商号を、「@market」から「ウェルスパス投資顧問」へ変更した経緯と、ウェルスパス投資顧問の由来について少しお話しさせていただきます。

私どもの社名自体は、きわめ投資株式会社です。社名の由来は、「投資道を究め、極める」というファンドマネージャー兼代表の渡邉の思いにあります。「究める」は、「深く研究して、すっかり明らかにする」を意味し、「極める」は、「これより先はないというところまで行き着く」を意味します。要するに、投資道の究極に達したい、ということです。

その思いをもって、投資助言サービスを@marketの商号で3年程前に開始しました。ところが、@marketとGoogleで検索してもmarketの検索結果に埋没してしまい、お客さまがWEBサイトへ到達できなかったり、TwitterやFacebookなどのSNSで @market と入力すると、全く関係のない方へメンションが飛んでしまったりと、あまり使い勝手がよくありませんでした。

そこで去年、一念発起して商号変更をすることにしました。数十と商号を考えて採用をしたのがウェルスパスです。 Wealth(富)とpath(道)を組み合わせた造語です。最終に残ったものの中に同音異義語のWealth pass (富への羅針盤的な意味合い)もあったのですが、path の方が投資に通じるものがあり、お客様が富を築く道しるべになりたいという思いも含まれているため、Wealth Path の方を選びました。

私どもも投資道を極めるという意味では道半ばです。誠実に投資助言サービスをお客様に提供させて頂き、そしてお客様からもまた学ばせて頂くことで、共に投資道を極める同志となれればと願っております。

 

続きまして、先週気になる値動きをした推奨銘柄をピックアップして、営業マンの視点から紹介します(不定期)。
※紹介内容はファンドマネージャーのチェックを受けています。

テイクアンドギヴ・ニーズ(4331)

(株)テイクアンドギヴ・ニーズ【4331】の株価チャート

先週、一番うまくいた銘柄は何と言っても、テイクアンドギヴ・ニーズ(4331)でしょう。LINE公式から購入された方より喜びの声をいただき、スタッフ一同、嬉しく読ませていただきました。2月18日に2日連続S高となった後だれましたが、急激な上げを演じただけにこれは仕方ありません。

まだ取り組んでいない方には、絶好の買い場ではないでしょうか。ファンドマネージャーも779円時点で「継続保有、もしくはここからでも新規の買いをお勧めします」と記載しています。

フォローアップ:テイクアンドギヴ・ニーズ(4331)

ナルミヤ(9275)

(株)ナルミヤ・インターナショナル【9275】の株価チャート

2月12日のレビューで書きました通り、25日平均線で一旦は反発し近日高値を更新したので(場中)、このままいくかと思われましたが、地合やら上値抵抗線に押されたように思います。

このまましばらく1000円~950円のレンジが続くか、力強いブレイクアップを演じるか、来週も注目です。

生活関連銘柄

【新規推奨】生活関連銘柄

推奨時からしばらく上値抵抗線に押される動きをしていましたが、先週勢いよくブレイクアップしました。目標株価からまだ上値があるので楽しみな銘柄です。

観光関連銘柄

マーケットコメントと【新規推奨】観光関連銘柄

これは、テクニカル分析における「ネックライン」で綺麗に反発しました。教科書に載るくらい綺麗です。テクニカル分析マニアなら垂涎でしょうか。

参考:ネックラインの解説

不動産関連銘柄

【新規推奨】不動産関連銘柄

2月12日のレビューでも取り上げました銘柄ですが、無事に上値抵抗線をブレイクアップしました。

段々動意付いてきました。今後の値動きが楽しみな銘柄です。

環境・プラント関連銘柄

【新規推奨】環境・プラント関連銘柄

この銘柄のチャートが綺麗になってきたなと見ています。

下値を切り上げる三角持ち合いからのブレイクアップに見えますし、また上値抵抗線に接しつつあります。

 

 


気になる銘柄があれば、ぜひ、各コラムを契約してご確認ください(初回30日間無料)。

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。