日本時間今朝未明のFOMCの発表は、予想よりタカ派なものでした。

米10年債でみると、一時期1.7%台真ん中ぐらいまで上昇してたのはやり過ぎという話になり、FOMC前に1.4%台前半まで調整していたところ、やっぱり金利上がりそうじゃんと、調整の調整で1.6%近くまで上昇。ここまでは、まあそんなもんかなと。

米株も、主要指数が下げたとはいえ-1%以内に収まっていたので、無事に通過の雰囲気でした。


で、日本株は今日はつれ安。でも小幅。

昨夜からの米株、日本株は、FOMCやそれに伴う諸々をまだ消化不良そうです。

今日これからの米株の雰囲気で、8月ぐらいまでの日米株両方の方向性が少し見えてくると思います。

 

東証マザーズ指数は上げが急ピッチだったこともあり、昨日今日と弱かったですね。節目の1,200ポイントがキープできず残念でしたが、チャートは崩れていません。個別では優良中小型株に限っては今日も強く、弊社カバーの銘柄でも+3%越えのものがいくつもありました。アフターコロナ関連は一服するものが目立ちましたが、オリンピック関連はこれからまだまだ強気でいけそうです。

 

イチオシ銘柄即提供!

プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]