昨夜の米株が下落し、サッカーW杯で日本代表敗戦と、本日の日本株は弱いことが想定されましたが、日経、TOPIXとも踏ん張って小さいながらもプラス引けとなりました。ただ、売買代金は少なく、相変わらず参加者全員様子見なのかの様相。

 

そして、値上がり、値下がり銘柄数を見てみますと、東証プライム、スタンダード、グロースともに値上がり銘柄数よりも値下がり銘柄数が多い状況。引き続き指数主導というか、個別株にとってはやりづらいマーケットが続きます。

 

そんな雰囲気を最もよく表しているのが、今日も弱かった東証マザーズ指数や東証グロース市場指数。-1.6%と続落となりました。個別株も相変わらず大きく売られるものが目立ったのですが、今日は戻す銘柄も少し目立ち始めました。好転というまでにはいきませんが、かすかな光ぐらいは見えたようです。今日も全然ダメなら来週に向けて大きくポジションを減らそうかという感じでしたが、もう少しだけ我慢して様子見したい雰囲気で、また明日に色々な判断持ち越しです。まあもう全部売ってスッキリしちゃうっていうのも、アリと言えばアリなのですが、明確に売りのサインもなく。。。買いも売りもどっちも積極的には動けないという困ったマーケットです。

 

ANYCOLOR(5032)は今日も大幅安(-11.3%)で7,700円引け。本日は売買代金ランキング15位の280万株弱商いで、昨日と合わせた出来高は約470万株。9月に急騰が始まる前の9/14終値7,910円で下げ止まるのかどうか、明日のこの株の上下の方向性で、中小型株の雰囲気が少し決まるかもしれません。

 

 

 

 

 

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]