1. 現在進行中のインデックスイベント

  • TOPIX 1FFW変更&第二回段階ウエート低減(実施1/30・発表1/11

 2.今後のインデックスイベント一覧

  • TOPIX2月リバランス(実施2/27・発表2/7
  • MSCI2月リバランス(実施2/28・発表2/10
  • FTSE3月リバランス(実施3/17・発表2/18
  • S&P 3月リバランス(実施3/17・発表3/4
  • 配当再投資先物買い(実施3/28&3/29・権利付最終日3/28
  • TOPIX3月リバランス(実施3/30・発表3/7
  • 日経平均定期見直し(実施3/31・発表3/13/7
  • TOPIX4FFW変更&第三回段階ウエート低減(実施4/27・発表4/7

 

1.現在進行中のインデックスイベント 

  • TOPIX 1FFW変更&第二回段階ウエート低減(実施1/30・発表1/11

 当該リバランスは、三つの要素が重なっている。

①定例の月末リバランス

自己株償却、ストックオプション行使、CB転換、新規採用など。

②定例の四半期ごとに実施されているFFW変更リバランス

これは4-6月決算期銘柄が対象となるので、10FFW変更(1-3月決算期銘柄)と比較すると小規模ではある。

③東証の市場変更プロセスである段階的ウエート低減(二回目)リバランス

低減銘柄の売り方向に対してその他のTOPIX構成銘柄を買うことになる為、アクティブ売り・TOPIX買いの要素が強くなる。

 

日程は、1/11(水)の引け後、①新規採用銘柄のFFW確定②FFW変更③段階的ウェイト低減(2回目)が公表される。

さらに1/20(金)の引け後、①月末調整分(ストックオプション行使・CB転換など)が公表されるが、こちらは影響が小さいであろう。

①に関しては、新規採用銘柄のFFW確定を待っている状態であるが、ほぼ推定通りで着地すると思われ、大きなサプライズは無いであろう。

②ある程度予測されているが、10月と比べて規模が小さいので、全体としては大きな動きとはならないという想定。

③10月の第一回低減の流れを引き継ぐ事となるのでサプライズとなりにくい。

 

足元、日本国内におけるインデックス・イベントのプレ・ポジションの成績が芳しくない。

これは、プレポジションの存在感が大きくなったこと、パッシブ運用が基準日の引けをメインとして売買する比率が高まったことなどが背景である。

相場環境が不安定な中で、中期的に予想リバランスに対してプレポジションを持ってもリスクが高く、第五営業日の各種公表後にプレポジションを取っても、実需が動き出すのが遅めな傾向となると、前半はプレポジションの自作自演となりやすい。

実需が動きやすくなるのは、1/20()の月末調整発表後の1/23以降であり、全体的な目立つ動きが出るとしたら、このタイミングと想定している。

尚、FFW&低減銘柄以外では、新規採用銘柄の4180Appier9336大栄環境、4053サンアスタ、変則採用の5461中部鋼鈑などが注目されよう。

 

下段の表は現在確定している銘柄群(一部推定)である。

この続き:17文字
ここから先は、インデックス(リバランス)分析のコラム会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です
ご契約いただくには、「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。

最新記事 by インデックス(リバランス)分析のコラム (全て見る)