始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

SQ、無事通過しました・・・が、過去のSQに絡む売買からすると、

非常に少ないという結果となりました。

NK225採用1銘柄あたり26万株と、ヒストリカルデータからは5060万株が想定されていましたが、

半分程度にとどまりました。

これが何を意味するかは不明ですが、日本株に対する関心が低下している・・・のでなければいいのですが。

————————————————————————————————

SQ結果(市場推定)

SQ値(試算)日経平均6月物=2万106056

日経平均型の現物株売買(採用1銘柄あたり)

買い269000株、売り261000株/差し引き8000株の買い越し・金額47億円の買い越し

時価総額型の現物株売買

買い1524億円、売り1215億円/差し引き309億円の買い越し

9時15分時点の東証1部売買代金:6614億円

 

 

 

進行中のインデックス・イベント

 

この続き:812文字
ここから先は、コラム会員限定です
会員契約すると続きをお読みいただけます
\ 初回30日間無料 /
無料期間中に解約すれば会費はかかりません
ユーザー登録がお済みの方は、「ログイン」下さい。
まだの方は、「新規ユーザー登録」ください。
「ログイン」もしくは「新規ユーザー登録」ののち、会員契約頂けます。
「新規ユーザー登録」および「会員契約」の方法 》

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。