始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明 / インデックス・イベント手引書

 

———————————————————————————-
[今回の内容]

#リバランスデータが揃って、すでに走り出しているのはRussell/Nomura日本株インデックスのリバランス

 その他、リバランス詳細が発表されるのは、9日発表TOPIX、 JPX400定期(やや重要)、11日MSCI(重要)です。

 

#MSCI ファミリーマート除外、リバランス日は11/11 、影響軽微

 

#9437ドコモTOB/想定スケジュール・・・

11/16TOB期間終了→11/17TOB結果発表→成立で11/18引け後、日経臨時入替え発表

 

#ドコモTOB見合いTOPIX買い(11/18〜)
見合いのTOPIXパッシブ買いは 6〜7千億円想定

 
#Russell/Nomura定期リバランス11/19(公表11/2)

GPIFのベンチマークとして絡んでいるのは、Prime Index、Large Value、Smallなど。


#MSCI_SIRリバランス11/30(公表11/11&ファクター指数11/19)

#TOPIX月末リバランス11/27(公表11/9)

#J400定期リバランス11/27 (公表11/9)

———————————————————————————-

 

#MSCI_Fマート除外/リバランス11/11
想定需要▲1200万株

価格がほぼ固定されているので影響はありません。


#日経平均臨時入替え/(11/–)

9437ドコモTOB/技術セクターからの候補銘柄
想定スケジュール・・・11/16TOB期間終了→11/17TOB結果→11/18引け後日経臨時入替え発表→リバランス日11/25〜30
(上場廃止型TOBの場合、過去事例では終了日の二営業日後夕方に入替え公表)
仮に、日経がリバランス時の全体の金額などを意識しているのであれば、ルネサス、ブラザー、シャープ、アンリツ、島津あたり?

日経平均におけるドコモはみなし額面500円であり影響が小さい。
候補銘柄
6723 ルネサス、 6981 村田、 6740 JDI、 6753 シャープ、6754 アンリツ 、6963 ローム、7259 アイシン  、 7701 島津、 4528 小野薬、 6448 ブラザー

 

#ドコモTOB見合いTOPIX買い/(11/–)

ドコモTOPIX構成比≒1.2%前後で推移中、 TOPIXパッシブ運用規模55〜60兆円想定から、見合いのTOPIX買いは 6〜7千億円となる。
 多くの運用では先物対応になる可能性が高い。ETFにおいては上場廃止スケジュールに従いドコモ売り・TOPIX買いとなろう。

TOPIXとしては、指数に占めるウエートが高いので、ドコモ売りそのものより、その見合いのTOPIX買いの影響が大きい。
 

 
#Russell/Nomura定期リバランス11/19(公表済み11/2)
GPIFのベンチマークとして絡んでいるのは、Prime Index、Large Value、Smallなど。

2020年リバランス概要は以下の通り

気になる点は・・・2019年比でターンオーバーが大きくなっています。

また、LV(ラージバリュー)が減少している可能性がありますが、実際にGPIFから詳細が発表されるのは来年なので、

今回のリバランスでは、2020年3月末の数値から想定される金額としています…が、個人的にはこの運用は相当減少していると考えています。

10月・11月と、この運用に絡む解約があった可能性が高いですね。これは、色々な市場動向などから受ける印象だったり、その他の情報を、

総合的に考えた結果です。なので、今回はLVで勝負するのはリスクが高いと思っています。

一方、小型系の運用が増額されている可能性が高く、今回のリバランスでは注目度が高いですね。

そして…メインとして考えているのはPrimeのリバランスです。

今回は買い方向にマザーズ銘柄が多く、日次倍率(ADV)では大きくは無いのですが、

公的の、しかもパッシブに公然と?組み入れられるのは珍しいのです。つまり、運用担当のFMは、この手の銘柄を触る事が少ないので、

もし、ADVだけ見てインパクトが無いと考えているようだと、意外と上に持っていかれてしまうかもしれません。

しかも、Primeはパッシブ運用なので、運用規模も大きく外れている事もなさそうです。単純にこれらの組み入れ銘柄の買い場を探すのも、

有効な手段となりそうです。

 

(全てのリバランスはパッシブとしているが、RNLV、Small系はアクティブがメイン)

想定需要は株数、ウエートはリバランス内における該当銘柄の比率、ADVは日次倍率(5日平均)、10/30終値との比較騰落率

この続き:278文字
ここから先は、インデックス(リバランス)分析のコラム会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です

イチオシ銘柄即提供!

プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。