始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

 

[今回の内容]

1)通過・・・TOPIX FFWリバランス(1/28)着地はプラス240bp

2)当面のIndex Eventスケジュール・・・2021年4月までの主なIndex Event

3)東証市場区分およびTOPIXの見直し・・・2022年から動き出す大きなリバランス

4)足元の機関投資家動向


——————————————————————————— 

 

1)通過・・・TOPIX_FFWリバランス(1/28) 着地はプラス240bp

■1-3月決算銘柄・浮動株比率の定期見直し延期分&4-6月決算銘柄(1~6月決算銘柄FFW見直し)

■パッシブ運用規模は60兆円、パッシブ・シェア15%想定、ターンオーバー片側2.2%=片側1.3兆円強と大きい。

  元々は売り超リバランスである為、買い方向でTOPIX型を乗せる格好となっている。

■リバランス基準日、スプレッドは前場順方向から、後場は一進一退、引けは順方向となった。1/8終値基準で順方向約+240bpで終えた。

 大型のリバランスであった為に、スプレッドの拡大もある程度抑えられた格好。発表後では総じて順方向が継続し全体としては波乱なしであった。

 リバランス・スプレッドの高値は、基準日の前場の早い段階で+300bpほどが観察されている。ピークは大引けではない、と言う読みも正解ではあったが・・・。

 この日の立会外バスケットの売買代金は、約1.6兆円(通常では1千億円程度、3千億円なら活況)と大商い、特に引値ギャランティが多かった。

ペアトレード候補、NTT売り/KDDI買い○、SMC売り/キーエンス買い△、富士通売り/NEC買いギリギリ○と、目立つ程ではなかった。

売り方向で大きく貢献?したのは、上位4銘柄のトヨタ、エムスリー、NTT、任天堂の下落が効いた。買い方向はメイン銘柄のかんぽ、NRIが冴えない展開となった。

買い方向のワースト・NRIであるが、28日の引け後に、上位株主のジャフコの売却がプレスリリースされている。

 

2)当面のIndex Eventスケジュール・・・2021年4月までの主なIndex Event

■TOPIX月末RB(2/25)|公表2/5・・・新規採用銘柄に注目。(2/5FFW公表まで追加指数用株式数は確定されません)

 新規採用銘柄の買い場探し。

 東芝、一部指定発表後の売買高急増で、発表時では出来高比率23日分であったが、足元では6日分弱となっている。

 尚、先週指摘した通り、発表後の寄り付きは見送って正解であったが、その後もなかなか堅調でもあり、プレポジションとショートカバーが多い事がうかがえる。

 基本的には買い方針であるが、上値追いは慎重に・・・。その他、ブルドック、Sansan、アルプス物流などが買い候補である。

この続き:1664文字
ここから先は、コラム会員限定です
会員契約すると続きをお読みいただけます
\ 初回30日間無料 /
無料期間中に解約すれば会費はかかりません
ユーザー登録がお済みの方は、「ログイン」下さい。
まだの方は、「新規ユーザー登録」ください。
「ログイン」もしくは「新規ユーザー登録」ののち、会員契約頂けます。
「新規ユーザー登録」および「会員契約」の方法 》

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。