始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明 / インデックス・イベント手引書

 

[今回の内容]

1)TOPIX FFWリバランス(1/28)・・・ターンオーバー片側2.2%、金額では1兆3千億円

2)当面のIndex Eventスケジュール・・・2021年4月までの主なIndex Event

3)東証市場区分およびTOPIXの見直し・・・2022年から動き出す大きなリバランス

4)足元の機関投資家動向


——————————————————————————— 

 

1)TOPIX_FFWリバランス(1/28)

■1-3月決算銘柄・浮動株比率の定期見直し延期分&4-6月決算銘柄(1~6月決算銘柄FFW見直し)

■パッシブ運用規模は60兆円、パッシブ・シェア15%想定、ターンオーバー片側2.2%=片側1.3兆円強と大きい。

  元々は売り超リバランスである為、買い方向でTOPIX型を乗せる格好となっている。

 

1/8の夕方に公表された後の動きは、足元(9日目)で、1/8終値基準で順方向+138bp※とジワリ拡大してきた。

(1/8終値からスタートして、売りポート<買いポートとなっており、その差が+1.38%で超過収益が出ている状態)

尚、市場執行分(エージェンシー)は観察することはできないが、立会外でバスケット取引(プリンシパル)を実行した場合は、

取引履歴が公表(当日夕刻)されるので認識できる。

1/23のデータでは引値ギャランティで、売り60億円・買い30億円の当該リバランスが執行された。リバランス日は1/28なので、

トラッキングエラー(自身の運用とTOPIXのズレ)を許容できるのは年金系であり、まずは、軽くリバランスを入れたと言うことであろう。

 

今週は、更にリバランスが走る可能性があり、リバランス日より前にスプレッドはピークを迎える可能性もある。

過去の経験則では、+5%を越えるような場合は手仕舞いを意識したほうが良い。もちろん、そこまで行くとは限らないが・・・。

28日は、E T F&投信中心に相当大きいサイズ(片側1千億円規模)のバスケットが飛び交うので売買代金は活況となろう。

先週掲載したペアトレードの候補、NTT売り/KDDI買い○、SMC売り/キーエンス買い●、富士通売り/NEC買い●と、成績がよくない。

この背景として、ある背景が思い当たるので、4)足元の機関投資家動向を参照していただきたい。

この続き:1978文字
ここから先は、インデックス(リバランス)分析のコラム会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です

イチオシ銘柄即提供!

プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。