始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明 / インデックス・イベント手引書

 

[今回の内容]

1)TOPIX FFWリバランス(1/28)・・・ターンオーバー片側2.2%、金額では1兆3千億円

2)当面のIndex Eventスケジュール・・・2021年4月までの主なIndex Event

3)東証市場区分およびTOPIXの見直し・・・2022年から動き出す大きなリバランス


——————————————————————————— 

 

1)TOPIX_FFWリバランス(1/28)

■1-3月決算銘柄・浮動株比率の定期見直し延期分&4-6月決算銘柄(1~6月決算銘柄FFW見直し)

■パッシブ運用規模は60兆円、パッシブ・シェア15%想定、ターンオーバー片側2.2%=片側1.3兆円強と大きい。

  元々は売り超リバランスである為、買い方向でTOPIX型を乗せる格好となっている。

全体の印象は、いわゆる“日本株のメイン銘柄”と言われる銘柄が金額上位に位置しており、相場環境の影響を大きく受けることになろう。

1/8の夕方に公表された後の動きは、初日1/12は順方向(リバランス・スプレッドが売りー買いでプラス)となったが、その後はやや逆方向に押され気味。

前記の通り、市場環境の影響が大きく、また、決算発表(修正の時期でもある)も接近してきており、そう簡単にプレポジションを組めないと読むが・・・。

当然、実需(実際にパッシブ運用を行なっている資金)は、トラッキングエラーを強く意識すると思われ、早めにリバランスを実行するのは難しいと考える。

本格的な実需のリバランスは、月末調整(ストックオプション行使・転換社債転換等)が公表される1/20以降で、

更に、トラッキングエラーを避けるため、1/25以降からリバランス日の1/28を中心に、余韻で1/29までと想定している。

今回は、比較的リスクが抑えられるペアトレや、個別にインパクトのある銘柄に注目しておきたい。

ペアトレードの候補としては、NTT売り/KDDI買い、SMC売り/キーエンス買い、富士通売り/NEC買いなどが挙げられる。

また、個別では予想銘柄でもリストアップされていた売り方向のバンナム、買い方向のかんぽ、NRI、新規採用銘柄にも注目しておきたい。

 

この続き:1301文字
ここから先は、インデックス(リバランス)分析のコラム会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です

イチオシ銘柄即提供!

プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。