日経平均が26,000円を割らないようであれば、中小型株は少し買いたいと先週金曜日にコメントしたばかりなのですが、本日の引けは25,822.32円とあっさり割ってしまいました。

先週末のミシガン大消費者信頼感指数速報値で、1年期待インフレ率が想定より低い数字が出たのを好感して米株は上げたのですが、日米金利差縮小を見越して円が買われ、ドル円が一時127円台前半となったのを嫌気されて日経平均先物が売られていました。その流れを受けて本日の日本株市場は安く始まり、そのまま小康状態のまま引けた感じです。

17-18日の日銀金融政策決定会合の前で、何しろ先月突然に金利変動許容幅拡大を行った日銀が何をしてくるか分からないと、市場が疑心暗鬼になっているなか、積極的にリスクを取る(買う)主体がいないので、しょうがない展開ではありました。ですがまあ、いきなりYCC撤廃とか、金利上限上げとかは無いはずなので、無事通過すれば市場は戻すはずです。買い増しはしづらいですが、売るところでもないと思います。少し待ちで。

 

【参考銘柄】 コンサルティング関連銘柄を一つ。昨年上場してから綺麗な右上がりのチャートを描いている銘柄で、バリュエーションはやや高めに見えますが、機関投資家の評判も高く、継続した買い需要が見込まれる銘柄です。引き合いが非常に強く、積極的に人材を採用し業務急拡大中ですので、売上は大きく伸びるものの利益はそれほどかもといった懸念が若干ありますが、それでも成長性を考えれば、このバリュエーションでもまだ買えそうです。株価アップサイドは+30-50%を想定。ロスカットは現値から15%下で。

 

コラム会員にご契約いただくと、以下の有料コンテンツをご覧いただけます。

・銘柄名

 

この続き:20文字
ここから先は、ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員契約(30日間3,000円(税込3,300円))」が必要です
ご契約いただくには、「新規ユーザー登録」と「ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員契約(30日間3,000円(税込3,300円))」が必要です

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]