日経平均の33,000円は一旦利食い売りのターゲットレベルになっていたのか、朝方は32,800円割れまで売られましたが、引けにかけてじりじりと戻し、33,036.76円と33,000円越えでの引けとなりました。商いが盛り上がっている感じというのはあまりしないのですが、ある程度腰の入った買いが継続していましたね。

 

欧州株の下げにつられているのか、あるいは今日は弱い中国株を織り込みに行っているのか、先物は現在少し売られて32,925円と再び33,000円を割っています。明日はメジャーSQ週水曜日で大きく下げるアノマリーがあるというのも気にされているでしょうか。明日をこなし、金曜日のSQを無難に超えられれば、再びスッキリと上を目指すとみています。米FOMCは今月20日、そして次は11月1日ですので、今月20日で利上げ無しの観測が強まってくれば、10月いっぱいまで強い展開が続く可能性も高そうです。

 

昨日は冴えなかった中小型株は、東証マザーズ指数+1.4%に見られるように、今日はちゃんと買いの順番が回ってきていました。

この続き:86文字

新規ユーザー登録(無料)いただくと、以下の特典があります。詳しくは、ユーザー登録後に配信される「ユーザー登録完了」メールをご確認ください。
【特典1】
登録時から過去15日分の有料コラム(新規推奨銘柄情報を含む)をお読みいただけます。
【特典2】
会員契約に使える3,000円分のポイントをプレゼントします。

ここから先は、ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員契約」が必要です
ご契約いただくには、「新規ユーザー登録」と「ポートフォリオマネージャーのつぶやき会員契約(30日間3,000円(税込3,300円))」が必要です

無料メルマガ登録

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]