始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

進行中のインデックス・イベント(実際の想定株数などはお問い合わせ下さい)

 

■TOPIX FFW(10-12月決算銘柄)/基準日(リバランス日)7/30

早速、用語説明保存版!の用語を使って、プロ?っぽく話してみますね。

 

今回のTOPIX FFWリバランスは、ターンオーバーはTOPIXパッシブ全体で片側約1300億円、35.4bpとなっている。

公表日の7/5=100 としたリバランスSPは、足元では順方向の動きとなっいるが、方向性は縮小気味となっている。

リバランス日は7/30の引けとなるが、公表日以降、順方向を維持している事などから、

ある程度のプレポジションが積まれていると想像する。一方、実需の動きは鈍いような気配。

実需の引けGは、片側で600〜700億円と思われるが、プレポジションのアンワインドで押し返されると想定。

当該イベントに絡むポジションは、29日あるいは30日前場までに手仕舞いしたいところ。

 

■東証REIT指数FFW/基準日7/30

パッシブ運用全体(1.78兆円)で片側150億円、85bpとなっている。

REITは日々の売買代金が400〜500億円なので、それに比べると大きいとも言える。

2千銘柄を超えるTOPIXと比べ、簡単にポジションが取れる事もあり、プレポジションは入りやすい。

リバランスSPは大幅に順方向。かなりプレポジションが積まれていると思われ、リバランス日は逆噴射の可能性も。

当該イベントに絡むポジションは、早めの撤退が無難であろう。

 

■日経平均臨時/基準日7/31

(除外)6366千代建

TOPIX⇒想定需要▲1,300万株

NK225⇒想定需要▲2,700万株&不足分(価格差)のNK225型見合い売り約1500億円

合計=▲4,000万株、日次倍率×11

(新規採用)7832バンナム

NK225⇒想定需要△2,700万株、日次倍率×18

 


 

7/29からの動きが注目されるが、大型ETFのキャッシュポジションは高くないため、事前に大きく動くとすると、

入替えの価格差(5900円-350円=5550円)が大きい為、NK225型を切り売りする必要がある。

有料会員になると以下のコンテンツをご覧頂けます。

  • 考えられる定石は?
  • 想定される買い需要は●●万株

ここから先は、メール会員限定の記事です。
30日間10,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターのコラム会員記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

有料メールマガジン

各コラムにはなかなか載せられない、よりリスクリターンの高いアイディア、あるいは確率は低いがうまくいけばリターンの大きいアイディアなど、幅広くかつ非常に興味深い投資アイディアを詳細に分析していきます。また、各コラム記事のより詳しい説明やフォローアップなどもこのメルマガの中で配信していきます。