始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明 / インデックス・イベント手引書

 

[今回の内容]

1)フロー動向

■投資主体別売買状況・現先合算(4月2週)

 

2)TOPIXリバランス

■TOPIX_4月、5月、6月FFW リバランスのまとめ 

TOPIX4〜6月リバランス予想、各月6千億円弱、合計三回で片側1.74兆円のリバランスが想定されている。

■TOPIX_4月FFW リバランス(4/27)|公表4/7

タ-ンオーバー片側93bp、金額5,800億円。

自己株消却で影響を受ける主な銘柄(第一生、海上、大成、アステラス、味、明治HD、めぶき)

■TOPIX_5月リバランス(5/30)|公表5/11

■TOPIX_6月リバランス(6/29)|公表6/7

 

3) その他のインデックス・イベント

■MSCI 5月RB(5/31)|公表5/13(ファクターインデックス公表5/20)

STD(スタンダード)予想銘柄

■FTSE 6月RB (6/17)|公表5/-(NAREIT公表6/2)

 

4)主なインデックス・イベント一覧

 

 

1)フロー動向 

■投資主体別売買状況・現先合算(4月2週)- 海外投資家は2週連続で買い越し、個人は売り越し

4月第2週(4/11~4/15)現物・先物を合算した投資主体別の売買は、海外が現先合算2週連続で買い越し。個人は現先合算3週ぶりに売り越し。

同週の日経平均は3週ぶりに上昇。週前半は米長期金利上昇への警戒感からグロース株を中心に売りが広まった。

一方、米CPIが想定以上のインフレ高進とはならず米長期金利が低下、13&14日は大幅高となった。値動きの荒い展開が続いたが27,000円台を回復。

海外は現物の買い越しが続いた一方、買い越し額は大幅に縮小。主に年金動向を示す信託は、4月第1週に続き現物の売りが膨らみ売り越し。

尚、二週連続売り超の信託は、昨年2021年4/5~4/9=▲4,167億円(2021年3月TOPIX1954レベル)であったが、そろそろ売り越し基調が収まるか?

個人投資家は現物の買い越し額が縮小した。

 

■財務省 対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

(財務省の対外対内証券投資ではOTCは集計され、先物は集計されない)

https://www.mof.go.jp/policy/international_policy/reference/itn_transactions_in_securities/week.pdf

4/10~4/16 非居住者は4,065億円の買い越し(前週1.67兆円買い越し)と大幅に縮小。

国内⇒海外のクロスは落ち着いた模様。

 

2)TOPIX リバランス

■TOPIX_4月、5月、6月FFW リバランスのまとめ 

全体的な流れとしては、各回それぞれターンオーバー片側90~93bp合計278bp、金額では3回合計片側約1.74兆円となり、非常に大きなリバランスとなる。

下段のヒストリーにもある通り、公表後の翌日は大きく順方向に動いたが、その後は冴えない展開が続いている。

公表日を基準価格として計測しているパフォーマンスでは、逆方向となっており、公表以降のプレポジションでは儲かっているケースは稀であろう。

リバランスの特性から、足元の相場展開がバリュー系の方が相対的に優位となっている影響が大きい。

リバランスの基準日まで、残り3営業日であり、流石に一部の実需も動いてくると思われるが・・・

いずれにせよ水曜日は大商いとなる筈なので、自身のポジションの影響について、特に売買の方向性などには注意を払いたい。

——————————————————————————————

【リバランスの特性】

ü  買い方向でグロース色が強い・・・Growth >Value となりやすい

ü  買い方向は米株感応度が高い

ü  筆頭銘柄:トヨタ・商社vs NTT・ソニー

ü  4月のみ、4-6月トータルでは、第一生命(4月売り/他買い)の差が大きい

——————————————————————————————-
【ヒストリー】 4/7基準・参考値|4-6月RBスプレッド=▲94bp/4月RBスプレッド=▲161bp

4/7   FFW引け後公表

4/8  FFW公表後初日、一部ズレがあったが概ね予想通り、寄りから大きく順方向へ。同時に外れ銘柄のアンワインドも目立った。

4/11 リバランス特性から、買い方向ポートが相対的に弱く、逆方向の展開。

4/12 前日と同様な展開ではあったが、逆方向への動きは限定的。

4/13 ファクター的には順方向に向かいやすい相場であったがトヨタ↑で一進一退。特別なフローの気配は感じられない。

4/14  バリュー優位な展開であった為、特に午前中は逆方向が目立った。後場からはジワリ順方向の場面もあったが、結局若干逆方向で終えた。

4/15 逆方向継続、4/7終値基準では逆方向まで調整。実需は動きやすくなってきているが・・・基準日まで残8営業日

4/18 V>Gで逆方向となりやすい地合い、特に目立つ動きは観測されず。

4/19 V>G継続、NT↓で逆方向となりやすい展開。前場は逆方向で推移、後場から順方向に転換し若干の順方向で終えた。

4/20  10時過ぎからV>Gが一段と進行、その流れでリバランス・スプレッドにはネガティブ、引けにかけて逆方向拡大で終えた。

4/21  V<G、NT↑で終日順方向。実需の気配・・・

4/22  Nasdaq↓などもあり、逆方向の流れ、日通しでは大きな変化なし、引けにかけて若干戻りも逆方向のまま終えた。

【4-6月合計金額上位】

(自己株消却などで三回が均等にならない(売買逆あり)銘柄があるが、トータル・リバランスで金額順にソートしている)

この続き:868文字
ここから先は、インデックス(リバランス)分析のコラム会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です
ご契約いただくには、「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。