始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明 / インデックス・イベント手引書

 

[今回の内容]

1)フロー動向

■投資主体別売買状況・現先合算(6月5週)

2)今月のインデックス・イベント

■TOPIX_7月FFW(10-12月決算) RB(7/28)|公表7/7

■東証REIT FFW_7月RB(7/28)|公表7/7

3) 来月以降のインデックス・イベント

4)通過イベント/ETF分配金捻出オペ(7/8)

 

1)フロー動向 

■投資主体別売買状況・現先合算(6月5週)-海外投資家は3週連続で売り越し 個人は2週ぶりに買い越し

6月第5週(6/27~7/1)の現物と先物の両取引を合算した投資主体別の売買は、海外が現物、先物合算3週連続の売り越し(2,680億円)。

個人は現物、先物合算で2週ぶりに買い越した(1,750億円)。

同週の日経平均は2週ぶりに反落。海外株高や円安進行が支えとなり、28日に27,000円を上回った。

一方、週央以降、米景気減速懸念などを背景にリスク回避の売りに押される展開。特に半導体関連株が売り込まれ、日経平均は週末に26,000円を割り込んだ。

ETF決算に伴う分配金捻出の売りを警戒し、海外投資家は先物の大幅売り越しが続いた。

3月末決算企業の配当金の支払いが集中するなか、信託はEFP現物買いの動きが強まった。一方、個人は逆張りから現物と先物ともに買い越しに転じた。

 

2)今月のインデックス・イベント

■TOPIX_7月FFW(10-12月決算) RB(7/28)|公表7/7

  • パッシブ運用規模5兆円(指数時価総額390兆円・パッシブ比率15%)
  • ターンオーバー片側56bp・3,270億円
  • ポートの特性上、買い方向に差分のTOPIX買いが入る為、買いはTOPIXに近いポートとなる
  • 買いポートで大型寄り&メルカリ、売りポートはミッド比率が高い
  • 売り方向上位:中外、キャノン、ユニチャ|買い方向上位:メルカリ、トヨタ、ソニー

【ヒストリカル・コメント】・・・4、5、6月にFFWリバランスが走った為、プレポジションは遅れている。

7/5↓ 終日逆方向の展開。過去5営業日では順方向を維持。

7/6↓ 終日逆方向、特に目立った変化は感じられず。

7/7↑ 順方向(引け後FFW公表、7/7以降、確定ポートに変更)

7/8↑ FFW公表後初日、素直に順方向、買い筆頭メルカリの上伸が効いた。

【金額上位(騰落率:7/7比)】

この続き:1297文字
ここから先は、インデックス(リバランス)分析のコラム会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です
ご契約いただくには、「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。