始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明 / インデックス・イベント手引書

相場環境の変化が激しく、立ち回りが難しいですね。

インデックス・イベントでも影響を受けない訳ではないのですが、比較的ポジションを取りやすい戦略です。

足元、進行中のイベントは以下の通りですが、REITのマーケットは非常に力強い展開となっており、

エントリーの機会をうかがいたいですね。

また、MSCIにはJREITがユニバースに入っていますが、FTSEワールドには組み入れられていません。

現在、検討中となっており、その結論が9月頃に出てくる見込みです。

採用となった場合、実際の組入れは、2020年3月の定期見直しからとなりますが、これが実現されると、

REITは大型銘柄中心に一段高の可能性もあり、目が離せないですね。

 

 

■MSCI QIR (8/27)・・・日本株は100億円強の資金流出、影響軽微。REITのNMFが気になるとしていましたが、

REIT全体の上昇相場もあり、上昇ピッチが速いですね。REITに関しては、世界的な低金利状態から、金法プロパーの資金流入を交え、

非常に強い相場となっています。また、何銘柄かPO案件も走っていますが、基本的にはエントリーして良さそうです。

新規採用・削除なし

主な売り方向銘柄:6502東芝(240万株・80億円)、7974任天堂(9万株・35億円)、8766海上(50万株・30億円)

主な買い方向銘柄:

この続き:507文字
ここから先は、インデックス(リバランス)分析のコラム会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です

イチオシ銘柄即提供!

プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。