始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

 

さて、このメールが始まってから、もう46通目となりました。

ここまで、その都度解説してきましたが、年初という事もあり、一年間のスケジュールを押さえておきたいと思います。

経済情勢の変化、相場環境、上昇や下降・・・・といった事とは関係なく、これらに絡むリバランスが発生します。

相場観、ファンダメンタル分析、テクニカル分析・・・も関係ありません。

パッシブ運用が無くならない限り継続されます。(リバランスのルール変更はあり得る)

重要なのは、需給に影響を与える売買が事前に公表されるという点です。

そして、その売買は、ある程度の日程に沿って実行されるという時間軸も大切ですね。

勿論、Index Eventでのリターンは、ケースバイケースであり安定的なリターンが発生する訳ではありません。

まあ、それ故に、このメール情報にも価値がある・・・と思いたいところです。

 

以下、重要な指数のリバランス日程です。

*はスケジュールが変更となる場合がありますが、その近辺ではあるので、その都度連絡していきます。

これらに加えて、配当再投資先物買いや、ETF分配金売り、先物ロール、

その他、個別銘柄の新規指数採用やM&APOなどによるウエート変更・・・とほとんど休む暇がありません。

これら、全てに絡んで売買する必要は全くないので、狙った案件だけで勝負すれば十分です。

 

①TOPIX & JPX400

毎月末の前営業日にリバランスが実施される。特に、FFWリバランスと言われているのは、以下の4回です。

この中で、最も注目されるのは10月リバランスです。

1月(4−6月決算銘柄)

4月(7−9月決算銘柄、調整係数見直し)

7月(10−12月決算銘柄)

10月(1−3月決算銘柄)

JPX400の定期見直しは8月です。

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間20,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターのコラム会員記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス))分析(詳細版)のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。