始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

足元・・・というより、今月の注目される需給要因として、絶対に外せないのは、以下の三項目です。

 

 日銀ETFオペ・・・前場のTOPIX騰落率をもとに日銀が判断している。

ETFを直接買い付けるのではなく、受注証券会社が、自己のポジションとなっている、ETF買い・先物売りの裁定ポジションから、先物をカバーすることで、ETFを約定する。

現在は一回あたり1202億円(日々分は+12億円)の買い付けとなっています。先月、瞬間的に2000億円発動しましたが、1200億円でも小さい規模ではありません。

REITに関しては20億円の買い付け(先月の40億円から減額)となっています。

いずれも発動基準は公表されていませんが、月替わりと、15日を境に基準や金額が変更される事があるので、要注意です。今週水曜日以降、変更されている場合もあるので、興味のある方はお問い合わせ下さい。できる限りリサーチしておきます。

尚、4/10の後場、TOPIX主導で上昇しましたが、午前中の先物出来高は、両先物とも各16千枚レベルと超閑散、上記の日銀オペの発動によって、後場、TOPIX先物だけで7千枚レベルの買いが走ったので影響が大きかったといえます。

 

 公的資金動向・・・日銀とあわせて、数少ない日本株の買い手として注目されます。

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間20,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
全てのコラムのコラム会員記事を、新規ユーザー登録完了から24時間無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。