始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

 

[今回の内容]

#9437ドコモTOB

日経平均入替え、新規採用はシャープ

TOPIX、見合いのTOPIXパッシブ買いは合計 6〜7千億円想定

第一弾の5千億円分は通過、残りは2千億円

#MSCI_SIRリバランス11/30

日本株全体で1〜1.5千億円の資金流出

スタンダード指数の削除・採用では、大きく順方向の動きとなっている。リバランス日は逆方向か?

高配当指数は既にリバランスが進行中、リバランス日の影響は軽減されてきている。


———————————————————————————-

 

#ドコモTOB

■日経平均(12/1)|除外9437ドコモ → 採用6753シャープ、不足分はNK225売り、先物換算で約1千枚。

■TOPIXスケジュール未定|ドコモTOPIX構成比≒1.12%前後、TOPIXパッシブ運用規模55〜60兆円想定から、
  見合いのTOPIX買いは 6〜7千億円。多くの運用では先物対応になる可能性が高いが、いずれにせよTOPIX的に買いとなる。
  スケジュールは、24日に整理銘柄指定発表がなかった為、まずはFFW変更で11/27がリバランス日となり、合計約7千億円のうち5千億円分のオペレーションが実施された。

  ドコモは、11/27夕方、整理銘柄指定が発表された為、第二弾は12/2(予定)となり、TOPIX買いは2千億円と想定。

 

 #MSCI_SIR(11/30)
スタンダードでは5増21減、浮動株比率変更は2銘柄/日本・小型株指数では50増50減、浮動株比率変更は1銘柄
推定では日本株スタンダード指数からは1,100〜1,500億円の資金流出が見込まれる。

以下、11/10以降のパフォーマンスを見ると、大きく順方向に動いており、当日は逆方向の可能性も。

この続き:632文字
ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間20,000円(税別)
\ 初回30日間の無料期間あり /
さらに、全てのコラムのコラム会員記事が、新規ユーザー登録完了から24時間無料
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。