始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明 / インデックス・イベント手引書

 

[今回の内容]

#9437ドコモTOB

日経平均入替え、新規採用はシャープ

見合いのTOPIXパッシブ買いは 6〜7千億円想定

 #TOPIX月末リバランス11/27(公表11/9)

#J400定期リバランス11/27 (公表11/9)

#MSCI_SIRリバランス11/30

日本株全体で1〜1.5千億円の資金流出

台風の目となるか?高配当指数


———————————————————————————-

 

#ドコモTOB
日経平均臨時入替え(12/01)
ドコモTOB見合いTOPIX買い(未定)

 ■日経平均(12/1)|除外9437ドコモ → 採用6753シャープ、不足分はNK225売り、先物換算で約1千枚。
■TOPIXスケジュール未定|ドコモTOPIX構成比≒1.12%前後、TOPIXパッシブ運用規模55〜60兆円想定から、
  見合いのTOPIX買いは 6〜7千億円。多くの運用では先物対応になる可能性が高いが、いずれにせよTOPIX的に買いとなる。
  想定スケジュールは、24日整理銘柄指定で、TPXは4営業日後に除外、売り日は11/27あたりとなりそう。
  TOPIXでは、年金は相当数TOB対応したと思われるが、ETFは残っており、NK225と異なり影響が大きい。
  例えば最大の1306は時価総額13.7兆円あり、ウエートから1500億円強、1305=6.4兆円≒700億円強、1308=6.4兆円≒700億円強・・・
 上位三銘柄だけで3000億円≒8千万株となる。

 勿論、最終的には3900円買取という固定価格があるが、資金効率やポジション上の制約などもあり、無制限で買えるわけではない・・・

 結果、それなりのディスカウント(3900円との価格差)となる可能性もある。引け指値で安めに買いを入れるのもありですね。
 

#TOPIX月末リバランス(11/27)|公表11/9
売り110億円(TOB絡み含む)・買い70億円(新規採用)、全体としては影響軽微。
買い方向の銘柄のインパクトが気になる・・・
売り銘柄:9064ヤマト運(222万株・57億円)、6326クボタ(126万株・27億円)
買い銘柄:

この続き:848文字
ここから先は、インデックス(リバランス)分析のコラム会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です
\ 初回30日間無料 /
無料期間中に解約すれば会費はかかりません

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。