先週もお疲れ様でした。先日のファンドマネージャーのマーケット一言でもありましたが、「グロース株なんだかバリュー株なんだか、どちら主導かもはっきりせず。」そんな一週間だったように思います。

 

今回のコラムは、「アップサイドが高いとなぜ、投資の危険度が高くなるのか?」という内容を予定していましたが、まだ書ききれていません。いましばらくお待ちください。

 

続きまして、先週気になる値動きをした推奨銘柄をピックアップして、営業マンの視点から紹介します(不定期)。
※紹介内容はファンドマネージャーのチェックを受けています。

不動産関連銘柄

【新規推奨】不動産関連銘柄

【スポット銘柄 新規推奨】76%から120%のアップサイドを見込む<完全成功報酬>

直近の高値をブレイクアップしました。いよいよこれから動意付いてくれるんじゃないかと思います。

アップサイドはまだ、60%以上あるので、今からでも全然遅くはありません。

 

建材関連銘柄

【新規推奨】建材関連銘柄

 

先週も収斂の動きに終始しました。今週こそ動く?

 

生活関連銘柄

【新規推奨】生活関連銘柄

ネックラインも割ってしまい、3月14日のレビュー以降触れていなかったのですが、そこから急速に切り返し。

直近の高値に迫りました。まだアップサイドはあるので、仕掛けるには面白い局面かもしれません。

 

新電力関連銘柄

マーケットコメントと【新規推奨】新電力関連銘柄

直近の高値をブレイクアップしそうな局面。

ただし、アップサイドはあまり無いので、トレーディングと割り切って楽しめる方しかおすすめできません。

 

 

 


気になる銘柄があれば、ぜひ、各コラムを契約してご確認ください(初回30日間無料)。

無料メールマガジン

プロが選んだ推奨銘柄や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

投資助言営業マンのコラム

弊社の投資判断・分析者の投資推奨には絶対の自信を持っておりますが、またその一方、助言業務の営業をやっていますと、お客様から学ぶことも多々ございます。考えてみれば日本の中小型株は個人投資家こそが主役のマーケット。助言者としてアドバイスしながらも、主役たるお客様との情報交換を通じて得たマーケットの全体感や今ホットなテーマ、個別株などを情報を、リアルタイムでお伝えしていこうと思っています。