月が替わりまして、主要指数はプラスのいいスタート。インフレ・利上げ懸念よりはリスクオンマーケットがしばらく続くという声が日に日に増しているようで、雰囲気は悪くありません。

一方、今日も日経平均は28,000円超えでの引けならず。高値引けはいいのですが、ザラ場でも越せませんでした。雰囲気は悪くないのですが、日経平均を上に引っ張ってきましたのが、ファンダメンタルズで円安メリットもありますが、需給でドル建て日経平均の安値買いというのも大きかったので、円高に反転しますとなかなか辛いところがあります。円建てで28,000円の壁もさることながら、ドル建てで215ドル近辺(現在は212ドルぐらい)が節目となっており、どちらで見ても、止まるにはいいレベルということになっています。

 

決算発表シーズンですので、何か手掛かりがあれば決算プレー。

決算発表が進む中でテーマが見えてくれば、そのテーマの買い。

何もなければ、でも日経平均が28,000円超えれば、利食いというよりは乗っかって買い増し。

いまのところこんな感じでしょうかね。

 

個人的にはというか雰囲気的には、少しせっかく戻していたBTCに天井感が出てきたのが少し気になるのですが、ETHが踏ん張っているうちは大丈夫なのでしょう。

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

ポートフォリオマネージャーつぶやき

1000億円規模の投資運用を行ってきたファンドマネージャーの観点から、グローバル&日本、マクロ&ミクロ、株・為替・債券・コモディティー(暗号資産含む)・不動産を複合的に分析し、その結果を日本株の投資判断に落とし込みます。相場の流れを読み、リスクを取る局面なのかそうではないのかの判断、デルタ(リスク)の方向性とコントロールの方法、どの個別株で勝負すべきか、などの投資判断をお知らせするコラムです。 [1.日本株全体の動きとトレンドをお伝えします。 2.後場特有の大きな需給動向について、特別な状況で有り・無しがありそうな場合にはその判断もお伝えします。 3.ファンダメンタルズの裏付けが取り切れていないのだが、ポートフォリオマネージャーとして注目している銘柄を、フィーリングとスピード重視で【参考銘柄】としてお伝えします。]