始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

配当再投資先物買い、想定通りのNT低下を招きました。

先物プレーヤーではないと、対応が出来なかったと思いますが、可能であれば、先物も使える様にしておく事を勧めます。

レバレッジを効かせて投資するという意味合いでは無く、今回のようなNTトレードは先物が使えないと手が出せません。

もう一つ、面白い取引が観測されました。

9/26権利付き最終日のランチタイムに、NK225型で1200億円のEFP(現物売り・先物買い)がありました。

→ ランチOTCNK225/EFP現物売り200ユニット(≒1200億円)、先物5543枚@21900

この規模でEFPを出せる運用主体は、1321日経平均ETF(残6兆円)くらいしか存在せず、実際に翌日の9/27PCFデータによると、

9/25キャッシュ:189億円、先物865枚 → 9/26キャッシュ:1810億円、先物6,408枚・・・となっており、裏付けされました。

この1200億円は、配当再投資分の約500億円分と入替えのエムスリーの買い不足金額5600億円を合せた金額に近いことが分かります。

権利付きでの売却となった事で、配当再投資先物買いオペは実行する必要が無くなった・・・と考えられ、

1321ETFは、一般的な手法とは違ったやり方で、変則的に配当再投資先物買いを実行した事になります。

それと、配当再投資先物買いは、基本的には9/26の現物引け近辺がメインですが、翌日の後場にも動いた主体がいたようです。

 

■日経平均定期見直し(9/30)・・・除外9681ドーム|採用2413エムスリー

ここから先は、メール会員限定の記事です。
30日間10,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
尚、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターのコラム会員記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

有料メールマガジン

各コラムにはなかなか載せられない、よりリスクリターンの高いアイディア、あるいは確率は低いがうまくいけばリターンの大きいアイディアなど、幅広くかつ非常に興味深い投資アイディアを詳細に分析していきます。また、各コラム記事のより詳しい説明やフォローアップなどもこのメルマガの中で配信していきます。