始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

Russell/Nomura、通過しました。指数としては、特にPrimeとLarge Valueに関して、リバランス・スプレッドは順方向となり、スプレッドの差は大きくはなかったものの順当に終えました。この指数はあまり有名ではないので、ノイズが入りにくいのでしょう。

ただ、インパクト系の銘柄に関しては、個人投資家のプレポジションが積まれやすいので、ちょっと苦戦したかもしれません。最近の傾向は、全体としては順方向でインパクト系は逆方向・・・です。インパクト系は早めの手仕舞いが無難となっています。

 

進行中のIndex Eventは、今週のMSCI定期リバランス、TOPIX月末リバランスです。

MSCIに関しては、スタンダードで片側1千億円〜1.5千億円のリバランス(資金流入400億円)ですが、ESG系の国内の運用規模で片側1.2千億円あるので、今回に関しては国内勢が方向性を握っていると言えます。その中で影響が大きいのはWINですので、これを軸に考えたいと思います。

MSCI スタンダードでのZOZOの売りは終わっていると思いますが、もしかしたら余韻があるかもしれません。いずれにせよ、TOPIXでは売り方向なので、今週前半では少なくとも買いは見送りがセオリーです。

ソフトバンクは、株数では、売りスのタンダード>買いのWINなので、売り超過です。

結果・・・

空売り候補では、

カネカ、電ガラ、神戸鋼、ZOZO、ソフトバンク、日電産、武田、日産化、日清粉、JX、出光、島忠

買い候補では、

ここから先は、メール会員限定の記事です。
30日間10,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
新規ユーザー登録完了から24時間は全てのメール会員記事・全てのライターのコラム会員記事を無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

無料メールマガジン

今買い場の推奨銘柄情報や相場観など、株式投資をする上で役に立つ情報を不定期で発行。
無料メールマガジンのご購読は、以下にメールアドレスをご入力ください:

The following two tabs change content below.

有料メールマガジン

各コラムにはなかなか載せられない、よりリスクリターンの高いアイディア、あるいは確率は低いがうまくいけばリターンの大きいアイディアなど、幅広くかつ非常に興味深い投資アイディアを詳細に分析していきます。また、各コラム記事のより詳しい説明やフォローアップなどもこのメルマガの中で配信していきます。