始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明 / インデックス・イベント手引書

 

現在進行中のインデックスイベント

  1. ラッセルノムラ日本株インデックス(実施日11/18)
  2. TOPIX 11月リバランス(実施日11/29)
  3. MSCI 11月リバランス(実施日11/30)
  4. FTSE 12月リバランス(実施日12/16)
  5. TOPIX 12月リバランス(実施日12/29)

 

1.  ラッセルノムラ日本株インデックス(実施日11/18

http://qr.nomuraholdings.com/jp/frcnri/index.html

主な特徴としては、大型小型やバリュー・グロースの割り振りがあるという点。例えば、トヨタはプライム採用で、ラージバリューの比率が82.7474、ラージグロースが17.2526、のように、

一銘柄でもバリューとグロースに分かれている。日産はラージバリュー100%なので、ラージグロースのポートフォリオには組み入れられない。

(ラッセルノムラ HPより)

 

次にこのインデックスを利用している投資主体であるが、海外は考える必要がなく、国内・特に公的資金が主体となっていると言って良い。

重要なのは、年金主体か?投信主体か?という点で、投信に関してはトラッキングエラー(≒ベンチマークとのズレ)を避けるため、ほぼ引値ギャランティが利用されるが、年金に関しては、運用会社の裁量が大きく、引値一発でリバランスするだけではない・・・という特徴がある。

また、アクティブ運用では、パッシブ運用と異なり、リバランス実施日に、こだわりが強くない。

ラッセルノムラに関しては、パッシブ運用はプライムのみであり、より一層、引値ギャランティによる影響は大きくないと考えるのが妥当。

 

ラッセルノムラの公開されているデータによれば、ある程度運用資産額が存在しているベンチマークの回転率(ターンオーバー)は以下の通り。

トータルマケット=回転率片側1.3%

ラージバリュー12.4%

スモール9.8

スモールグロース=21.3%

プライム=1.3%

(これらを運用金額でまとめると回転率は約3%)

 

10月31日のリバランス公表後の動きとしては、リバランスの売り買いスプレッドは、概ね順方向が継続している。

この続き:1150文字
ここから先は、インデックス(リバランス)分析のコラム会員限定です
続きを読むには「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です
ご契約いただくには、「新規ユーザー登録」と「インデックス(リバランス)分析のコラム会員契約(30日間22,000円(税抜価格20,000円))」が必要です

無料メルマガ登録で「イチオシ銘柄情報」を無料プレゼント!

無料メルマガでは、プロが選んだ推奨銘柄やマーケットコメントなど、株式投資をする上で役に立つ情報を配信
ご登録は、以下にメールアドレスをご入力ください:

個人情報保護方針を確認し、同意する。

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。