始めにお読みください:インデックス・イベント投資塾 用語説明

先週と一気に水準が変わってしまいました。ここまで影響が拡大するとは思っていませんでしたが・・・。

13日(金)ですが、日銀ETFオペとは別に、ようやく公的らしき資金が買いに入ってきた様です。

その他、企業年金でも買いに入ってきたという声が聞こえてきました。

まだまだ安定するには時間が掛かると思いますが、相場の反転は、ショートカバー、

公的買いがきっかけとなりやすいので、注視していきたいですね。

 

参考までに・・・GPIFの足元のウエートは、国内債で34%強(35±10%)、日本株で21%強(25±9%)、

外債が20%弱(15±4%)、外株25%強(25±8%)・・・となっている様です。(カッコ内は基本モデルポート)

これだけを見れば、外債のオーバーウエートと国内株のアンダーウエートが目立ちます。

基本ポートフォリオのウエートにリバランスするには、単純計算で、外債を6.5兆円ほど売って、

日本株を5.5兆円、国債を1兆円強買う(現実的ではない?)ことになります。

たまに見かけるGPIFの買い余力・・・てやつですね。

勿論、直ちにこれだけの資金を動かすとは思えませんが、いつ入ってきても不思議ではないので、

特に9時半頃からの動きには注意しましょう。経験則では、その前後から走り出す事が多いのです。

これは、お堅い資金なので、前日に打診が行き、当日、入金が確認されてから買い始める為に、

このようなスケジュールとなってしまうと言われています。

 

インデックス・イベントは以下の通りですが、今は、それどころでは無い感じですね。

 

 FTSE All-WorldNAREIT含む)(3/19)

・売り方向・・・9509北海道電(30万株)

ここから先は、コラム会員限定の記事です。
30日間20,000円(税別)
初回30日間無料で続きをお読み頂けます。
さらに、
全てのライターのコラム会員記事を、新規ユーザー登録完了から24時間無料でお読み頂けます。
ユーザー登録及び会員お申込みの方法 》

The following two tabs change content below.

インデックス(リバランス)分析のコラム

収益機会として日経平均のリバランスを利用したトレードははあまりにも有名ですが、TOPIXについても収益のチャンスは大きいといえます。また違った切り口でのインデックス投資のニーズが機関投資家から年々増すとともに、MSCI(サブシリーズ含む)、FTSEはその残高を増やし、そして新たに生まれたスマートベータインデックスも重要度が増しています。このコラムではそうしたインデックス(主にリバランス)についての分析、そしてそれを投資に生かす提案を行います。